公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

非難と規制にうんざり?中国大物投資家「もう仮想通貨投資しない」宣言

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. 中国の大物投資家である、リ・シャオライ氏は「今後ブロックチェーンやICOに投資はしない」と宣言。
  2. 中国の仮想通貨コミュニティでは同氏の発言が大きな影響を与えてきたことから、今回の宣言にも波紋が広がっている。
  3. 同氏の発言などには多数の非難が寄せられていたことなどが、今回の宣言に至った一因とされている。

大物投資家の引退宣言!揺れる中国の仮想通貨コミュニティ

中国のベンチャーキャピタル「BitFund」創設者で“仮想通貨長者”として知られるリ・シャオライ氏は9月30日、SNS「微博(Weibo)」上で、「今後はブロックチェーンやICO(Initial Coin Offering、仮想通貨の新規公開)関連のプロジェクトに投資することはない」と発表した。

同氏は「中国のクジラ」との異名を持つ大物投資家。ビットコインの保有量は中国トップクラスとされる。

dai06

同氏は今後、数年をかけてキャリアチェンジを図る計画だとみられている。一方、シャオライ氏が個人としての投資活動を休止するだけで、企業や投資ファンドを介して仮想通貨関連の事業に関わっていく可能性は残されているとの見方もある。

投資活動そのものから引退はしない様子。”中国のクジラ”は舞台を変えるだけで、また大きな影響力を放つだろう。

dai06

また、同氏が「自身が運営するファンドのため」と称して個人的に3万ビットコインを所持していることについて、中国の一部ベンチャーキャピタリストからは「(用途が明確でないビットコインを所有しているため)シャオライ氏は中国の仮想通貨業界の“腫瘍”だ」と批判する声があったとしている。

「ビットコインを眠らせたままにするな、市場を動かせ」ということだろうか…。いわゆる”ガチホ”と呼ばれるこの保有だが、量が量だけに非難の対象にはなるのは致し方ないような気も…。

またその他の引退理由には中国政府の規制が厳しくなってきたことなども挙げられている。

dai06


ソース元http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1810/01/news079.html