公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

仮想通貨流出のテックビューロ、フィスコへの事業譲渡が決定

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. 仮想通貨取引所「Zaif」から、2018年9月半ばに約70億円相当の仮想通貨が流出。
  2. その後、Zaifを運営していたテックビューロはこれまでで3度目となる業務改善命令を受けたが、このたびフィスコへ事業譲渡を行うことがわかった。
  3. フィスコは流出事件直後から金融支援を行うことを発表しており、顧客の預かり資金である45億円相当を補償する見通し。

テックビューロ解散、45億円の補償行うフィスコが引き継ぎへ

大阪の仮想通貨交換業者「テックビューロ」は、運営する取引所から70億円相当の仮想通貨が流失した問題を受けて、交換所事業を「フィスコ」仮想通貨取引所に譲渡することを発表しました。

これから立て直しを図るに思えたZaifだったが、事業の存続は厳しかったようだ。

事件直後には自主規制団体である仮想通貨交換業協会からは、「当協会会員において不祥事案が発生いたしました」として声明が出されており、業界で存続していくことは難しかったものと思われる。

dai06

譲渡手続きが終わり次第、仮想通貨交換業の登録を廃止するとしています。

2014年の設立以来、仮想通貨の高騰とともに急成長してきたZaifとテックビューロ。しかし事件の影響は大きく、11月にはフィスコへ事業譲渡される予定だ。

dai06

被害額のうち、顧客の預かり資金45億円相当についてはフィスコ側が補償する計画も示しました。

事件直後のフィスコの迅速な発表は、事業譲渡を見越してのことだったのだろう。テックビューロの発表によれば『株式会社フィスコ仮想通貨取引所に承継される』とのことだ。

dai06


ソース元https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3495297.html