公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

ソニーの技術応用、非接触ICカード型の仮想通貨ウォレット登場へ

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. ソニーのICカード技術を応用した「仮想通貨ハードウェアウォレット」の技術が誕生。
  2. ICカード型ということもあり持ち運びやすく、セキュリティ性能にも優れているという。
  3. 開発元のソニーコンピュータサイエンス研究所は、アプリケーションへの応用含め事業化を目指す。

ソニーが仮想通貨ハードウェアウォレットを事業化へ

ソニーコンピュータサイエンス研究所は10月23日、ソニーのICカード技術を応用し、非接触ICカード型の「仮想通貨ハードウェアウォレット技術」を開発したと発表した。

同研究所はこの仮想通貨ハードウェアウォレットの研究だけでなく、AIなどの研究も行っている。

目指しているのは『Only One』、『誰もやっていない研究に取り組むということ』で、それが同研究所の個性だという。

dai06

ICカードを使って秘密鍵を安全に生成・保存できるとしており、技術の事業化に向けた取り組みを進める。

事業化される見通しが十分にあり、ソニーの仮想通貨事業への本格参入も近いと予想されている。

ちなみに2018年8月には『ソニーが仮想通貨に関する特許を申請し、自前の仮想通貨発行する』という噂もあった。

dai06

USBでPCと接続する既存のハードウェアウォレットと異なり、ICカード型なので小型で持ち運びやすいほか、ICカード内のモジュールは外部から解析・改ざんされづらいため、より安全に秘密鍵を生成・保存できるとしている。

優れたセキュリティ性能が求められる昨今の仮想通貨業界。ソニーはその急先鋒となるのだろうか…。

dai06


ソース元http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1810/23/news095.html