公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「BHPCash(ビーエイチピーキャッシュ)」分散型銀行のプラットフォーム!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「BHP(ビーエイチピーキャッシュ)」は世界初の分散型銀行を構築する金融プラットフォームです。
Bitcoinのハッシュパワー・クレジットに基づいてプラットフォーム作りを行っており、他の仮想通貨のマイニングパワーを使ってマイニングを行います

「BHP(ビーエイチピー)」の概要

通貨名/通貨単位BHPCash /BHPC
公開日2018年3月
最大発行数100,000,000 BHPC
ホワイトペーパーhttps://bhpcash.io/bhpc/pdf/BankofHashPowerwhitepaper(En)V3.1.pdf
公式サイトhttps://bhpcash.io/bhpc/index.html
公式ツイッターhttps://twitter.com/BHPFinance
購入可能取引所AXNET,BITBOX,BCEX,Digifinex,KAiREX,Fcoin

「BHP(ビーエイチピー)」はブロックチェーン技術を用いて世界初の分散型銀行を構築する金融プラットフォームです。
分散型銀行には管理者が存在せず、利用者がそれぞれ自分専用の銀行を持っておくことができるような仕組みになっています。

決済は専用のスマホアプリを使って簡単に行うことができ、簡単に仮想通貨の移動も行えるということです。

「BHP」の銀行プラットフォーム内では、の独自トークンBHPCash(BHPC)だけでなく、BTCやETHなどの主要通貨の両替もできるようになります。

仮想通貨取引所とは全く違う仮想通貨管理システムは、将来的に必ず必要になります。
今後仮想通貨が普及していけば、需要がさらに拡大していくことが期待できるプロジェクトです。

「BHP(ビーエイチピー)」の特徴

Bitcoinのハッシュパワーに基づく分散型銀行

「BHP」は顧客などの利用者など、ハッシュパワーの所有者に仮想通貨や金融派生サービスを提供するためのプラットフォームです。
管理者の存在しない分散型ネットワーク上に銀行システムを構築し、仮想通貨の交換などに利用することが可能になります。

将来的にはまったく新しい価値体系を構築することを目的としており、公平で透明性のある金融体系を永続的に維持し続けることを目指します。

既存の仮想通貨取引所の多くは、管理者がいることで様々な問題が指摘されています。
2018年初めに発生した仮想通貨取引所コインチェックの仮想通貨流出問題から、管理者を必要としない非中央集権的な資産管理は高い需要があります。

今後仮想通貨が普及していくためには必ず必要になっていく仕組みでしょう。

BHPウォレットアプリ

「BHP」の資産管理は、専用のウォレットアプリを使って簡単に行うことができます。
すでにBHPCだけではなくBTCやETHにも対応しており、海外の投資家を中心にSNSなどでも盛り上がっています。

スマホアプリとしてはiOS版が上場前にリリースされており、現在はAndroid版がストア申請のための最適化を行っている段階としています。

資産管理を行うソフトウェアを普及させるためには、プライバシー保護・セキュリティ能力・使いやすさ全てを成り立たせなければならず、今後も細かいアップデートを行っていくとしています。

今後の展開

ロードマップを見てみると、今後は既存の銀行システムと似たサービス(ローンや融資)を提供していこうとしているようです。

完全に分散型の銀行として機能するようになれば、支払い方法として仮想通貨を選択することもより手軽になっていきます。

プロジェクトが独自トークンのみではなく、別の仮想通貨とも連携していくスタンスであるため、個人的には息の長いプロジェクトになりそうだなと期待しています。

「BHP(ビーエイチピー)」まとめ

今回はまったく新しい金融プラットフォームを提案する「BHP」についてご紹介してきました。
どこかのプロジェクトと敵対するわけではなく、仮想通貨市場全体の活性化につながる試みは投資家としては期待せずにはいられません。

息の長いプロジェクトだと思うので、今後の進展に期待していきたいですね。