公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「WaykiChain(ウェイキコイン)」金融とギャンブルの問題点を解決するためのプラットフォーム!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「WaykiChain(ウェイキコイン)」は金融・賭博・外国為替業界の問題点を解決し、まったく新しいビジネスモデルを提案するプラットフォームです。
分散型元帳や分散型データベース、スマートコントラクトなど様々な特徴を持った仮想通貨を開発しています。

「WaykiChain(ウェイキコイン)」の概要

通貨名/通貨単位WaykiChain /WICC
公開日2017年12月
発行数2.1億WICC
ホワイトペーパーhttp://waykichain.com/Whitepaper_en.pdf
公式サイトhttp://waykichain.com
公式ツイッターhttps://twitter.com/wayki_chain
購入可能取引所ABCC,Huobi,AEX,BCEX,CHAOEX,ChaoEX,DragonEX,IDAX,LBank,QBTC,Rfinex

「WaykiChain(ウェイキコイン)」とは分散型元帳、分散データベースとして機能し、金融・賭博・外国為替業界の新しいビジネスモデルを提案するためのプラットフォームです。

それぞれの業界にある問題点を精査し解決策を提案するとともに、ブロックチェーン技術を用いてプラットフォーム全体の平等性を維持しています。

「WaykiChain」のプラットフォームの中では専用のアプリを使って資産管理を行うことができ、ターゲットとしている業界は1兆円規模です。

日本では禁止されていますが、世界的にはスポーツ・eスポーツ業界の賭博に力を入れており、利用者はセキュリティ性の高いプラットフォーム上で安全なギャンブルを楽しむことができます。

2017年12月に誕生した比較的新しいプラットフォームであり、仮想通貨市場に依存しない収益の仕組みを築いていることから、投資家からの注目も集まっています。

金融・賭博・外国為替業界の問題点

「WaykiChain」では、ターゲットとなる金融・賭博・外国為替業界それぞれの問題点を下記のように説明しています。

金融業界の抱える問題点

・ほとんどが中央集権的な運営をしている場合がほとんどであり、ユーザーライクではない。
・中央集権的な運営をしている管理者が多いため、ハッキングや倒産などのリスクがある。
・資産交換は管理者が集中的に管理していることで、時間や手数料などのコストがかかる。

金融業界の抱える問題点の多くは、銀行などが中央集権的に資産を管理している状態を危惧したものですね。

こういったものの多くは、資産管理を非中央集権、つまり利用者それぞれが自分で管理することができる環境を整えることが重要になります。

「WaykiChain」では専用のアプリを使って資産情報をブロックチェーン上に書き込み、利用者自身が自分の資産を管理することが可能になります。

ブロックチェーン技術が普及したことで、非中央集権管理で懸念されていた安全性も高く、利用者側のコストも安く済みます。

賭博業界の抱える問題点

・ほとんどの賭博では、胴元が儲かるような仕組みになっている。
・ギャンブルの内容が偏り、多様性が無くなってしまう
・国ごとに規制内容が異なるため、大きなイノベーションが起こりにくい

賭博業界の抱える問題点は、中央集権的な管理と同じく、業界全体のイノベーションが起こりにくい現状を指摘したものが多いです。

最も大きな原因は国ごとに規制の内容が大きく異なるため、発展する国と発展しない国の差が広がってしまいます。

これは技術やギャンブルの内容ではなく、ギャンブルに対する意識格差がむしろ問題で、日本のように賭博禁止法があったり「ギャンブルは悪いこと」とイメージを持つ国では、発展はまず見込めません。

「WaykiChain」では前述したとおり、非中央集権的に利用者が自分の資産を管理することで、お金が1か所に集中することを防いでいます。

賭けごとの際の資産移動にはスマートコントラクト機能を利用して、全ての参加者が平等かつ安全にギャンブルを楽しむことができる仕組み作りを意識しており、賭博業界全体のイノベーションを促進しています。

専用のアプリケーションでは様々なできごとをギャンブルの対象にすることができるようになっていくようです。

外国為替業界の抱える問題点

・外国為替の際の国際送金システムは、非常に時間がかかる。
・取引の遅延はそのまま為替の変動リスクになる。
・国をまたいだ取引となると、手数料などのコストも高い。

どうしても国際送金と切っても切れない関係である外国為替業界は、時間・手数料などのコストが高くなりがちです。

特に懸念されているのは時間がかかるという部分で、為替市場では少しの取引の遅れが大きな損失になることも十分考えられます。

「WaykiChain」では専用の為替アプリを用いて、外国の法定通貨であろうと迅速な取引が可能になります。

当然このシステムは非中央集権的に運営されており、手数料コストも安く、仮想通貨を使うことで送金スピードも非常に速いです。

「WaykiChain(ウェイキコイン)」まとめ

今回は金融・賭博・外国為替業界の新たなビジネスモデルとなりえる「WaykiChain」をご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?
今後もどんどん発展をしていく業界でありますし、市場の需要が途切れることも決してありません。

安全性が高く誰でも参加することができ、なおかつ非中央集権的なモデルは常に多くの投資家が待ち望んだ投資の形です。

今後の「WaykiChain」の展開に期待していきたいですね!