公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

頭脳派集団!東大生運営の仮想通貨メディア「CoinOtaku」とは

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. 30名を超える東大生を持つ仮想通貨メディア(会社)「CoinOtaku」に注目集まる。
  2. 各仮想通貨の数値化(偏差値化)やホワイトペーパーの査読を行い、有料記事を配信することでマネタイズ。
  3. ゆくゆくは仮想通貨界のNEWSPICKSを目指すという。

CoinOtaku創設者 下山明彦氏

最初は友人と2人で始めたCoinOtakuでしたが、地道な活動を続けた結果、どんどん仲間は増えていき、“東大で仮想通貨団体と言えばCoinOtaku”と呼ばれるほどになりました。社員には理科三類はもちろん、理学部情報学科の首席や、センター試験の点数が日本一だったという人もいます。

頭脳派が集まるCoinOtaku。過去に下山氏自身もBloomberg主催の投資コンテストで入賞した経験がある。

dai06

そんな彼らが仮想通貨マーケットを攻略するうえで何より意識しているのは、“投資はゼロサムゲーム”という現実だ。

投資で得をした人がいるなら、損をした人がいる。それが投資におけるゼロサムゲーム。

CoinOtakuが重視しているのは、『1億円勝てた人がどういうトレードをしたか”ということと、“負けた人たちはどういうトレードをしたか”ということ』だという。これを追究し続けることで、”効率的に勝つ可能性を高められる”と考えている。

dai06

当たればより高いリターンが見込める草コインの研究にも余念がない。知識と語学に優れたスタッフがホワイトペーパーを査読し、ポテンシャルを見極めている。

CoinOtakuは、BNB、0x、Wanchainを次にくるコインとして注目しているようだ。

dai06


ソース元https://nikkan-spa.jp/1526621