公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「Iconomi(イコノミ)」仮想通貨資産の管理をより便利にするためのプロジェクト

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「Iconomi(イコノミ)」はブロックチェーン技術を資産管理に応用しようというプロジェクトです。

ブロックチェーン技術によって情報の安全性を維持しつつ、効率的でよりシンプルな資産管理を可能にするとしています。

「Iconomi(イコノミ)」の概要

通貨名/通貨単位ICONOMIICN
公開日2016年8月25日
発行数100,000,000 ICN
ホワイトペーパーhttps://bravenewcoin.com/assets/Whitepapers/ICONOMI-Whitepaper.pdf
公式サイトhttps://www.iconomi.net/
公式ツイッターhttps://twitter.com/iconominet
購入可能取引所Binance,Mercatox,HitBTC,OKEx,Livecoin,IDEX,Tux Exchange,Liqui

「Iconomi(イコノミ)」はブロックチェーンを用いたデジタルアセットマネジメント(デジタル資産管理)を提供するプロジェクトです。

プロジェクト自体は2016年に発足され、他の仮想通貨に比べてやや古いものの、掲げる目的は普遍的な需要があります。

イーサリアムのスマートコントラクトを用いたプロジェクトの一つでもあり、複雑な契約を自動化することで処理を効率化しています。

イーサリアムのブロックチェーンには分散型アプリケーション(Dapp)のデータが常に記録されており、これにより「Iconomi」の契約データも自動で記録されています。

記録を自動的に行うことで、後々契約の不一致などが起こらないようになっています。

「Iconomi(イコノミ)」の特徴

「DAA(Digital Assets Arrays)」

「Iconomi」は、デジタル資産を様々な形で組み合わせたデジタルアセット群「Digital Assets Arrays(DAA)」に関するプロジェクトです。

プロジェクトでは20種類のDAAがすでに販売を開始しています。

プラットフォーム上でマネージャーと呼ばれる利用者は、独自のデジタルアセットを作成し他の利用者をサポーターとしてコミュニティに参加させることができます。

仮想通貨市場を見てわかるとおり、他の仮想通貨の価格もまた安定はしていません。
しかしDAAを用いれば資産を細かく分散することが可能になり、資産全体が毀損するリスクを減らす効果が期待できます。

資産の割合を調整したり、素早く取引を行えるなど、株式投資同様に資産管理も容易になります。

また、DAAは時価総額や技術パラメータで検索をかけることができます。
優秀な投資家やファンドマネージャーはそれらを見て適切な判断を行うことができるのです。

利用者がマネージャーになれるプラットフォーム

「Iconomi」では、利用者がDAAのファンドマネージャーになることが可能です、
ただ投資するだけではなく、別のデジタル資産を見つけることができれば、組み合わせて自由に売買することが可能になります。

マネージャーには資産管理だけでなく、アセットアレンジやコンテンツのパフォーマンス比較、料金の回収などの権利も与えられ非常に自由で有利な取引が可能になります。

DAAマネージャーは「Iconomi」プラットフォームを介して、投資家とコミュニケーションをとることもできます。

大きなコミュニティを形成してお互いの情報を共有することで、より損のない投資や資産管理が可能になります。

20種類のDAAがすでに販売されている

現在「iconomi」では20種類のDAAが販売されています。

それぞれがいくつかのデジタル資産の集合体であるがゆえ、価格の推移を見極めるのは難しいものの、リスク分散に特化したものや安定的な収益になるものなど興味をそそられる物ばかりです。

他の似たプラットフォームではこれほど多くのDAAをそろえているなく、今後も数を増やしていくとしています。

「Iconomi(イコノミ)」まとめ

 

今回はDAA販売や専門のコミュニティを形成するプラットフォーム「Iconomi」をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

投機対象として見られることが良くないと言われる仮想通貨という市場ですが、このように健全な形で市場が成長していくのは素晴らしいことだと思います。

今後に期待したいプロジェクトの一つですね。