公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

Riot Blockchain 米国マーシャルのオークションにて500BTCを獲得。

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

このニュースを三行で解説

  • Riot Blockchainがオークションで500BTCをゲット!!
  • Riot Blockchainは、18ヶ月以内に「1BTC=$50,000」まで上がると予想している。
  • 一方、米規制当局は、ブロックチェーン関連企業への投資は慎重になるべきと警戒感を示した。

Riot Blockchain「オークションに参加したのは、より多くのBitcoinを手に入れたかったから。」

ソース元 https://www.ccn.com/riot-blockchain-purchases-500-bitcoins-in-us-marshals-auction-ceo-predicts-50000-price-by-next-year/

Riot Blockchainは、米国マーシャルのオークションで500BTCを獲得した。

Riot Blockchain、米国マーシャルのオークションで500BTCを獲得

Riot Blockchainは、Long Blockchainと共に仮想通貨マニア達を象徴する存在になっている。今週火曜日、Riot Blockchainの株式(NASDAD:RIOT)は19.60ドルで取引を終え、10月から見ると300%近く増加した。

しかし、Riot Blockchainの株式はBitcoinの価格の軌道を大きくたどっており、最近の仮想通貨市場の暴落時に、市場平均と同じく50%近く低下した。

それにもかかわらず同社は、今後18カ月以内に市場が回復し「新たな高値へと飛躍すると確信している」と述べた。

Riot Blockchain CEOのJohn O’Rourke氏はブルームバーグにインタビューで下記のように語った。

今後12ヶ月から18ヶ月以内に50,000ドルの市場価格で上昇すると思う。Riotの戦略はBitcoinを累積し、投資家にできるだけ直接的なエクスポージャーを提供することだ。だからより多くのBTCを得るため、オークションに参加することにした

米規制当局、「ブロックチェーン関連の新規参入企業へ投資するのは慎重になるべき」と警告

一方、米国の規制当局は、「ブロックチェーン技術に対して興味を持っている中小企業への投資には慎重になるべきだ」と投資家に警告している。

金融業界規制当局(FINRA)は、「これらの企業のいくつかは人為的に株価を押し上げるため、最新の流行に飛び付いているだけの可能性が高い」と述べている。同様に、証券取引委員会(SEC)は、「統計的に見ると、今回のような大規模な株式(またはそれに準ずる金融商品・仮想通貨)提供が伴う場合、人為的な株式価格操作が行われやすい」と述べた。