公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

あのユヴェントスも?サッカー界がファン向け仮想通貨FTO導入へ

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. ブラジルの1部リーグに所属するプロサッカーチーム、アトレティコ・ミネイロがファン向けの仮想通貨「FTO(ファン・トークン・オファリング)」を発行。
  2. 「ガロコイン」と名付けられイーサリアム上で発行され、試合チケットやグッズの購入ができる。
  3. 欧州の名門クラブ、ユヴェントスやパリ・サンジェルマンにも同様の動きがある。

ファンとクラブをつなげるのは仮想通貨?応援の手段拡大へ

ブラジルのプロサッカー1部リーグのチーム「アトレティコ・ミネイロ」が、「ガロコイン(GaloCoin)」とするファン向け仮想通貨を立ち上げたことがわかった。

「ガロコイン」の名前はクラブの象徴である雄鶏に由来している。ブラジルでも強豪のクラブであり、あのロナウジーニョも在籍したことがある。

ガロコインはイーサリアム上のプラットフォームであるFootcoinを基盤にしているが、レアルと1:1で紐づくステーブルコインの特性を持つ。

dai06

今後同チームのファンはガロコインを使って試合チケットやグッズ等の購入が可能になる。割引優待を受けることもできる。同コインの最低購入単位は50ガロコインで、約13ドルに相当する。

FTOの導入でサッカーの応援の手段が多様化する。スマートにチケットやグッズを購入でき、仮想通貨関連のキャンペーンも始まるかもしれない。

これまでにはトルコのサッカーチームで、選手の移籍金に仮想通貨が用いられた例もある。

dai06

今年9月にはフランスの人気サッカークラブ「パリ・サンジェルマン(PSG)」がSocios.comと組んで「ファン・トークン・オファリング(FTO、ファン向け仮想通貨発行)」を行っている。これに続いてイタリアの有名クラブ「ユベントス」も「ユベントス公式ファントークン」を2019年早々にも発行するとアナウンスした。

この2クラブの強さは世界トップクラス。彼らがロールモデルとなり、他のクラブも続くかもしれない。

ちなみにユヴェントスは近年エンブレムをロゴ方式にしたことで、ブランドの成長を一気に押し上げた。今回のFTOを導入するというニュースからも、そんなユヴェントスの前衛的な姿勢が垣間見える。

dai06


ソース元https://jp.cointelegraph.com/news/brazilian-premier-league-soccer-club-launches-crypto-fan-tokens