公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「Bezant(ベザント)」ブロックチェーンをサービスとして提供するプラットフォーム!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「Bezant(ベザント)」はブロックチェーンという技術をビジネス向けにサービスとして提供するP2Pプラットフォームです。
三つのエコシステムをわけてプラットフォームを構築しており、利用者は目的な利用用途などに応じて自分でプラットフォームを選択することができます。

「Bezant(ベザント)」の概要

通貨名/通貨単位Bezant/BZNT
公開日2018年1月
発行上限1,000,000,000 BZNT
ホワイトペーパーhttps://cdn.bezant.io/bezant/latest/Bezant_WP.pdf
公式サイトhttps://bezant.io/
公式ツイッターhttps://twitter.com/bezant_io
購入可能取引所Bibox,Bilaxy,Bithumb, Fatbtc, Hotbit,IDEX,Trade Satoshi

「Bezant(ベザント)」は、仲介者を介さず直接利用者同士をつなぐP2P技術を用いて、ビジネス向けのブロックチェーンサービスを提供するプラットフォームです。
主に三つのプラットフォームを構築しており、利用者は利用用途や目的に応じて柔軟にプラットフォームを選択することが可能になっています。

ブロックチェーンをサービスとして提供するプラットフォームであり、企業が自社のサービスのセキュリティやデータ管理を容易にする手助けを行います。
「Bezant」ネットワークを利用すれば支払いをより簡単にし、エンドユーザーが最新の分散型アプリケーション(Dapp)へ容易にアクセスすることができます。

Bainance等の大手取引所ではまだ取り扱っていないものの、SNSなどで頻繁に情報を発信しており、投資家からの信頼も厚いされているプロジェクトです。
2018年の1月に公開されてから取り扱う取引所も徐々に増えてきており、今後に期待したいプロジェクトの一つです。

「Bezant(ベザント)」の特徴

3つの統合されたプラットフォーム

「Bezant」ではContents Platform(コンテンツプラットフォーム)、Payments Platform(ペイメントプラットフォーム)、Bezant Blockchain(ビザントブロックチェーン)という三つのプラットフォームを構築しており、利用者はBezant Walletを介してそれらのプラットフォームに自由に行き来することができます。

・Contents Platform(コンテンツプラットフォーム)

「Bezant」と提供するContents Platformは、デジタルゲームや音楽データ、電子書籍などのデジタルコンテンツを利用者同士で共有するためのプラットフォームです。
いつどこにいても接続できる健全なエコシステムとして機能するホワイトラベリングサービスであり、コンテンツ配信者とエンドユーザーをP2Pを用いて直接つなぎ合わせることができます。
ブロックチェーンを用いて著作権の所在を明確にし、コンテンツが配信者の意図しない形でコピーされることを防ぎます。
誰でも利用することができるデジタルマーケットプレイスとして機能しており、利用者は最低限の利用料を支払うだけで安全な流通経路を確保することができるようになります。

・Payments Platform(ペイメントプラットフォーム)

Payments Platformは、「Bezant」の分散型ブロックチェーンアーキテクチャであり、今後発展が見込める新たな市場を中心に商品やコンテンツの手数料を排除して支払いのハードルを下げることが可能になります。
Bezant Walletと「Bezant」を用いることで、スピーディな支払いが可能になり、様々なローカル支払いをより安全に行うことが可能になります。
既存の支払いツールの代替ツールとして利用することができ、Googleの支払いプラットフォームを搭載するBezant Walletを使うことで複数の機能を一度に実行することができます。

・Bezant Blockchain(ビザントブロックチェーン)

「Bezant」とブロックチェーンプラットフォームは、Hyperzger Fabricフレームワークを使用した迅速かつ効率的なブロックチェーンを提供するサービスです。
安全で透明性の高いブロックチェーンネットワークをサービスとして提供することで、ブロックチェーンアーキテクチャ全体を構築しなくても新たなイノベーションサイクルを作ることが可能になっています。
企業は「Bezant」ブロックチェーンを利用することで、自社のリソースを割くことなくデータ管理や安全な支払い方法を手に入れることができます。

「Bezant(ベザント)」まとめ

今回はブロックチェーンをサービスとして提供するプラットフォーム「Bezant(ベザント)」をご紹介しました。

今後ブロックチェーンは様々なビジネスで利用されていくことになるでしょう。
そんなブロックチェーンをノウハウのない企業でも簡単に利用できるというのは、サービスとして非常に期待できます。

徐々に取引高も上がってきており、Binanceなどの利用者の多い取引所に上場することが決まれば、大きな価格上昇もあり得ますね。