公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「Energi token(エネルギートークン)」ブロックチェーン技術を用いて省エネな社会を目指すプロジェクト!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「Energi token(エネルギートークン)」はブロックチェーン技術を用いて省エネ活動を促進するためのプロジェクトです。
仮想通貨を用いてエネルギー効率のよいプラットフォームを構築し、より省エネな電化製品やエコシステムを提供します。

「Energi token(エネルギートークン)」の概要

通貨名/通貨単位Energi token/ETK
公開日2017年2月
発行数2,500,000,000
ホワイトペーパー
公式サイトhttp://energitoken.com/
公式ツイッターhttps://twitter.com/energimine
購入可能取引所BITBOX,CoinBene,Coinsuper,Idex

「Energi token(エネルギートークン)」はブロックチェーン技術を用いて省エネルギ―ソリューションを起こすためのプロジェクトです。
エネルギー効率の良いプラットフォーム、新しい電化製品、エコシステムなどを構築し、将来的にはエネルギーの交換や電気を利用する様々な機械を充電できるとしています。

プロジェクト自体は2017年の2月から公になり、価格は基本的に安定しています。
明確に目的が示されたプロジェクトであるため海外の情報サイトなどでは特集も頻繁に組まれているようですね。

エネルギー市場とブロックチェーン技術は相性もよく、2014年以降同じような目的を持ったプロジェクトが多数生まれてきました。
その中でも「Energi token」はエネルギーの再利用に焦点を当てて開発を行っているという特徴があります。

「Energi token(エネルギートークン)」が解決しようとしている問題

まず「Energi token」がどのような背景で誕生した通貨なのかを簡単にご紹介していきましょう。
「Energi token」は、将来的なエネルギー市場において、下記のような問題点を解決しようとしています。

エネルギーの中央集権化

現状、我々が利用するエネルギーは特定の企業によって独占状態にあります。

確かにエネルギー開発を行ってそれを販売するというのは非常に自然的な事業の流れにも見えます。
しかし現代では医療分野の成長や生活環境の変化によって、エネルギーは「あれば嬉しいもの」から「無くてはならないもの」になりつつあります。
エネルギー市場、およびそのリソースは人々の暮らし、果ては生死とも深い関係を持つようになり、特定の企業だけで独占しているのは非常に不健全な状態とも言えます。

エネルギーの高額化

定の企業が市場を独占している状態は、エネルギーの高額化を止めることができません。

もちろん国によっては定期的な審査や、市場へ出す時の基準を設定している場合があるものの、最終的に価格を決定するのはエネルギー開発を行っている一部の企業の場合が多いです。

「Energi token(エネルギートークン)」の特徴

電気の利用などでインセンティブを支払う

「Energi token」では、公共交通機関の利用や電灯の消灯、エネルギー効率のよい電化製品を使った省エネな電気利用に応じて、インセンティブを支払っています。

提携した企業に関連したエネルギー利用を行うだけで「Energi token」は報酬として分配され、それらは簡単に現金や電気自動車の充電に利用するエネルギーとして使うことが可能です。

報酬を出すことによってより省エネを推奨し、電気エネルギーを使いすぎることによる様々な問題を解決します。

省エネをテーマにしたプラットフォーム

「Energi token」はエネルギー効率が良く、省エネを推奨するプラットフォーム作りを行っています。

プラットフォームではエネルギー効率の良い電化製品の利用や、運搬の際に低炭素輸送を採用したとき、報酬としてトークンを支払っています。
これによって節約された電力はエコシステムで再利用され、新しいエネルギーを生むために使われたり、エネルギーコストの高い国に安価で販売されます。

「Energi token(エネルギートークン)」まとめ

今回は省エネを促進するプロジェクト「Energi token」をご紹介してきました。
「Energi token」はすでにアメリカのEMA、Fusex、simplyEVなどとパートナーシップを結び、省エネな電化製品開発や運送事業をを展開しています。

ロードマップの8割程度のプロジェクトが滞りなく進行し、今後は事業の拡大を狙っていくそうです。
投資先として見ても非常に良質なプロジェクトだと思いますし、長期的に投資してみてもいいじゃないでしょうか?