公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

2019年仮想通貨は淘汰の年も、未来は明るく照らす?

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1.  米仮想通貨投資企業Digital Currency Groupのトラビス・シェア副社長が、2018年と2019年の仮想通貨についてコメント。
  2. 「18年は苦難の年であり、19年も廃業や人員削減が出るだろう」との見方を示した。
  3. 一方で、「19年は多くの機関投資家の資金が流入する」との見方を示し、ステーブルコインへの期待感ものぞかせた。

19年は必要な淘汰が行われる年、市場は成長を続ける年

Digital Currency Group トラビス・シェア副社長

「19年も仮想通貨にとって変動が大きく、エンターテイメントやサプライズに溢れた年となるだろう。だが、18年での苦い経験が成長への糧となってくる」

2018年の仮想通貨は多くの問題は発生し、仮想通貨の価格も大きく値を下げた。

17年末の大躍進を見て参入した企業には厳しい年だっただろう。英国で18年に設立された仮想通貨関連企業は、11月末時点で800社を超えたが、消滅あるいは破産した企業は300を数えたという…。

dai06

「仮想通貨バブル期に資金調達をして成長していた企業が18年には巨額の損失を被った。そして多くが19年に廃業するだろう」

新規参入で恩恵を受けられる時代は終わったのかもしれない。仮想通貨事業を行う企業にとって、市場はレッドオーシャンになりつつある。2019年は淘汰の時代がやってくる。

dai06

米大手金融機関のGoldman SachsやFidelityなどの仮想通貨事業への参入や米Facebookがステーブルコインを発行する可能性があることを挙げ、このような大企業の参加は仮想通貨市場にとってはプラスに働くとし…

淘汰をマイナスに捉える必要はない。淘汰が終わったあとには本当に必要とされるものだけが残る。ステーブルコインの導入により仮想通貨は安定して使えるようになり、本来の役割を取り戻すかもしれない。

また、ビットコインETFの導入が実現すれば、不安視されるビットコイン価格も一気に値を上げる可能性がある。仮想通貨はまだまだやれるはずだ…!

dai06


ソース元http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1901/09/news085.html