公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

イーサリアムがグーグルのブラックリスト入りか、中立性に批判集中

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. グーグルがグーグル広告のキーワードとして「イーサリアム」をブラックリスト入りさせた可能性がある。
  2. 「イーサリアム開発サービス」、「イーサリアムセキュリティー監査」で登録しようとするとエラー表示が。
  3. 仮想通貨コミュニティからはグーグルの中立性に批判が集まっている。

広告で「イーサリアム」のキーワード使用禁止?どうなる中立性

グーグルがグーグル広告のキーワードとしてイーサリアムを使うことを禁止ーー。スマートコントラクト監査のDecenterが10日にツイッターで報告した。

報告によれば「イーサリアム」を含むすべてのキーワードでの登録において、エラーメッセージが出たという。対してEOS関連のキーワードだと登録可能だという。

これが本当だとすれば、イーサリアムだけをブラックリスト入りさせた可能性がある。

dai06

Decenterのツイートに対してグーグル広告の公式アカウントが返信。「日本と米国をターゲットにしている仮想通貨取引所は広告を出せるものの、それ以外は出せない」ためそれが原因ではないかと指摘した。

加えてグーグルは「前もってあなたのキーワードが適切か確認できない」として、仮想通貨のセクションに関連する方針を読むよう誘導したという。

dai06

今回の件について仮想通貨コミュニティーからはグーグルに批判の声があがっている。

批判によればグーグルは自社の様々なサービスを介し、自分たちの都合のよいようにプロモーションしているとの声が…。サービスの例としてはAdSenseやYouTube、Google Playストアの名前が。

大きな影響力を持つグーグルの中立性に批判集中だ。

dai06


ソース元https://jp.cointelegraph.com/news/google-reportedly-blacklists-ethereum-as-a-google-ad-keyword-startup-claims