公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

闇市場に流れる多額のビットコイン、価格下落意に介さず

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. 2018年、ビットコインは闇市場で決済利用の手段として広く使用された。
  2. 2018年1日あたりの取扱高が日に日に増加傾向に。1日平均200万ドル相当だった。
  3. 闇市場の利用者は価格の下落を意に介していないという。

闇市場で使いやすいビットコイン…!価格下がってもまだ使う

非合法薬物や偽の身分証明書など違法商品が取引される「ダークネット市場」における決済利用が2倍に増加した。ブロックチェーン調査会社チェイナリシスの調べで分かった。

2018年はビットコインにとって厳しい年となったはずだが、インターネット上の闇市場では頻繁に用いられていたという…。

dai06

同社によると、ダークネット市場へのビットコインの流入は同年に6億ドル相当となり、前の年の7億ドル相当から減少した。同社のシニアエコノミスト、キム・グラウアー氏は、闇サイト「アルファベイ」や「ハンザ・マーケット」が17年半ばに閉鎖されたことが背景だと分析。

同氏は「今年も(取扱高)が減少するとみるのは、誤解を招く可能性がある」とコメント。

闇市場でのビットコイン人気はまだまだ続きそうだ。

dai06

ビットコインは利用に際して身元を証明する必要がないため、ダークネット市場での決済利用が一般化している。

闇市場においてのビットコインは、その価値よりも匿名性に重きが置かれているようだ。

2019年は仮想通貨取引に対する規制が厳しくなりそうだが、闇市場まで規制できるかというと難しそうに思える…。

dai06


ソース元https://jp.reuters.com/article/crypto-currencies-idJPKCN1PF0ZB?il=0