公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「Arcblock(アークブロック)」簡単にブロックチェーンアプリを作れるプラットフォーム!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「Arcblock(アークブロック)」はブロックチェーンアプリケーションの作成と管理を簡単に行うことが出来るプラットフォームと、そこで利用される仮想通貨の名称です。
アプリケーション作成・管理に関する様々なツールをプラットフォーム上に公開しており、知識が無いユーザーでも利用しやすいサービスになっています。

「Arcblock(アークブロック)」の概要

通貨名/通貨単位Arcblock /ABT
公開日2018年2月
発行数186,000,000 ABT
ホワイトペーパーhttps://www.arcblock.io/file/whitepaper/WhitePaperEnV2_en-US.pdf?v=4
公式サイトhttps://www.arcblock.io/ja/
公式ツイッターhttps://twitter.com/ArcBlock_io
購入可能取引所Bibox,Bithumb,Bitkub,BitMart,CoinBene,DDEX,

DragonEX,Gate.io,Huobi Global,KuCoin,Kyber Network,

LBank,OKEx

「Arcblock(アークブロック)」はアプリケーションの開発や管理を行うためのプラットフォームであり、そこで使われる仮想通貨の名称です。

2018年2月に発足された比較的新しいプロジェクトであり、誰でも簡単にブロックチェーンアプリケーションを構築・管理できるような環境づくりを目指しています。

また互換性のないブロックチェーン同士を繋いで直接取引を可能にしたり、サービスの範囲を拡大してより利便性の高いチェーンコミュニティを形成しようとしています。

まったく新しいブロックチェーンの形を提案していることから、ビットコインのブロックチェーン1.0、イーサリアムのブロックチェーン2.0に続く「ブロックチェーン3.0」になることを目的として掲げています。

もし今後、互換性のなかったブロックチェーン同士がオープンチェーンでアクセス可能になれば、事業の幅が広がるだけでなく仮想通貨決済における様々な問題点の解決策になり得ます。

「Arcblock(アークブロック)」の特徴

アプリ開発者のためのプラットフォーム

「Arcblock」はエンドユーザーではなくアプリ開発者に向けたサービスに特化しています。

プラットフォーム上で利用できる全てのツールに説明書・指南書が配置されており、少しプログラミングなどをかじった人であれば困ることもありません。

公式サイトによると、全てのプログラム構築を直接利用者が行うわけではなく、複雑かつ手間のかかる工程はツールを使って省略することができるようです。

利用者はアイデアさえあれば、誰でも自由に分散型アプリケーションを構築することが可能になります。

フルスタックプラットフォーム

「Arcblock」は、アプリ開発おける全ての工程がプラットフォーム上で完結するフルスタックプラットフォームです。

現在公開されている開発者ツールは下記のようなものがあります。

・「Arcblock」プラットフォーム
・OCAPプレイグラウンド
・BlockAuth
・BlockProof
・BlockFS
・ChainForge
・トークンエンジン
・アセットマネージャー

アプリ開発やブロックチェーンサービスを簡単に構築・展開ツールを公開し、そのためのリソースやプラットフォームを利用者全員に提供することで複雑で単調な作業を簡略化することができるとしています。

「Arcblock(アークブロック)」まとめ

 

今回は分散型アプリケーションの構築を手助けするプロジェクト「Arcblock」をご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

これまでの分散型アプリケーションは専門のプログラミング言語を用いる必要があったりと敷居の高いイメージでした。

現在では「Arcblock」をはじめとした様々な開発サポートプロジェクトが登場したことで参入するハードルも低くなり、今後もっと数も増えていくでしょう。

仮想通貨やブロックチェーンを用いたサービスやアプリが増えてくれば、業界的にも追い風になりそうですね。