公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「Genesis Vision(ジェネシスヴィジョン)」投資信託情報を明確にする仮想通貨プロジェクト

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「Genesis Vision(ジェネシスヴィジョン)」は投資信託情報をより明確にし、透明性をもたせるためのプロジェクトです。
ブロックチェーンとスマートコントラクトを用いて、プライベート信託管理プラットフォームとして機能します。

「Genesis Vision(ジェネシスヴィジョン)」の概要

通貨名/通貨単位Genesis Vision/GVT
公開日2017年7月23日
発行数4,436,643.9 GVT
ホワイトペーパーhttps://genesis.vision/white-paper-eng.pdf
公式サイトhttps://genesis.vision/
公式ツイッターhttps://twitter.com/genesis_vision
購入可能取引所Bitbox,Binance

「Genesis Vision(ジェネシスヴィジョン)」は投資信託の情報を透明性を維持したまま管理するプラットフォームです。

従来の投資信託管理システムは投資する側がお金の流れを見ることが出来ないなどの問題点がありました。

これは仮に管理者が投資家に虚偽の報告をしたとしても、投資家はそれを確認する術がないということです。

「Genesis Vision」はこう言った投資信託の管理システムを1から見直し、ブロックチェーンとスマートコントラクトを用いて透明性が高く、公平なプラットフォームの構築を目指しています。

投資されたお金の流れはスマートコントラクトにより自動で処理されるため、非常に健全です。

「Genesis Vision(ジェネシスヴィジョン)」の特徴

ブロックチェーンによる透明性の高い投資信託管理システム

「Genesis Vision」の情報管理は、ブロックチェーンによる暗号化と、契約の履行と承認を自動で行うスマートコントラクトによって成り立っています。

契約内容は自動的に適切な形で保存されるため透明性が高く、暗号化された情報はハッキングなどのリスクも少ないです。

海外のニュースサイトなどでシステムに関する記事が特集されたりと、投資信託が中心コンテンツである仮想通貨プロジェクトが少ないためか、注目度は非常に高いことが伺えます。

仮想通貨の資産運用をトレーダーに委託

仮想通貨プラットフォームとして見ると、優秀なトレーダーに資産運用を任せることができるというは非常に魅力的です。

複雑な知識を必要とする仮想通貨市場の予測も、すでに結果を出しているトレーダーに資産を託すことができます。

利用者はトレーダーの取引内容を常に確認することが可能で、損をしない投資の仕方を勉強することで、今後自分自身で投資を行うときの参考にすることもできます。

この投資信託という仮想通貨取引の形式は、従来の株式投資と同じような感覚で資産運用を行うことが可能になっており、取引所と投資家を透明性の高い単一のプラットフォームに結合し、市場をグローバル化することに役立っています。

トレーダーは融資を受けて投資を行い、結果に伴って報酬を得ることが出来るのでwinwinの関係性というわけですね。

公式サイトで、常にベストトレーダーを視認できる

公式サイトを見てみると、常にベストトレーダーの投資実績を確認することができます

投資歴から実績の詳細、具体的にどのような方法で投資を行っているのか一目でわかるようになっており、利用者は資産を任せるトレーダーを自由に選択することができます。

トレーダーに委託する場合の価格は、ほとんどの方がエントリー料として資産の5%。成功報酬として利益の15%ほど。
従来の投資信託と比べても選択するメリットは大きいですね。

「Genesis Vision(ジェネシスヴィジョン)」まとめ

今回は仮想通貨の投資信託プラットフォーム「Genesis Vision」をご紹介してきました。

透明性の高さや公平なシステム作りは非常に好感が持てますが、公式サイトを見る限り利用者が少なそうなのが気になるところ。

アクティブユーザーがどれほどいるのかはわかりませんが、プラットフォーム内で使われているGVTトークンの取引量は増えてきているので、今後に期待したいプロジェクトですね。