公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「IoTeX(アイオーテックス)」IoT業界のプライバシーを保護するブロックチェーンプロジェクト!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「IoTeX(アイオーテックス)」はその名の通り、IoT分野に特化した仮想通貨プロジェクトです。
IoT分野の抱える問題点を改善し、プライバシー保護に重点を置いたプラットフォーム作りを行っています。

「IoTeX(アイオーテックス)」の概要

通貨名/通貨単位IoTeX/IOTX
公開日2017年12月
発行数100億IOTX
ホワイトペーパーhttps://files/books/20180531/1527746170833.pdf

※現在閲覧不可

公式サイトhttps://iotex.io/
公式ツイッターhttps://twitter.com/iotex_io
購入可能取引所BITBOX,Crypto.com,Binance,Purcow,

Bilaxy,Coineal,Allbit,Binance,Purcow,Bittrex,Bgogo

「IoTeX(アイオーテックス)」はIoT分野の問題点を解決するために始まったプロジェクトです。

プライバシー保護に重点を置いた安全性の高いプラットフォームの構築を行っています。

強力なスケーラビリティ問題への対策、プライバシー保護、分離性を特徴としたコミュニティを形成しており、新しいIoTアプリやエコシステムの提供を行っています。

インテルやFacebook、Googleなどの大手企業が提供に加わっており、情報の発信が多いのは投資家としてはありがたいです。

IOTA(アイオタ)やETC(イーサリアムクラシック)など競合相手が多い分野ですが、その分需要も高く「IoTeX」の取引量も増えてきています。

Internet of Things(インターネットオブシングス)

Internet of Things(IoT)とは、「モノとインターネットを繋げて、より利便性を高める」新しい市場分野です。

家電など、既存の商品をインターネットとつなぎ合わせることで使用頻度の高い機能を自動的に呼び出したり、販売企業のデータ収集などに役立っています。

最近は車や家電をスマートフォンなどのモバイル端末とインターネットを介して接続することで、身の回りのモノを一つの端末で操作するなどが可能になってきています。

その他にも様々なメリットが期待できるIoTですが、一方で対応するモノが増えたことで下記のような問題点が指摘されています。

・ネットワークリソース不足
・導入コストの上昇
・プライバシー問題

ネットワークリソース不足や導入コストに関しては、現状では導入する仕組み自体が未成熟な点と、既存のIoT機器が大きなネットワークを想定せずに設計していたことが挙げられます。

これらはネットワークリソースの拡大や、専門機器の市場整理が必要になるため、ある程度時間が解決する問題とも言えます。

「IoTeX」は特にプライバシー問題に重点を置いたプラットフォーム開発を続けています。

「IoTeX(アイオーテックス)」の特徴

「IoTeX」のプライバシー保護

「IoTeX」では、IoTのプライバシー問題に重点を置いた仕組みの開発を行っています。

これまでインターネットと繋がっていなかった様々なモノがネットデバイスになると考えると、その分個々の機器に記録してあるプライバシー情報が別の機器に送られてしまうという危険性があります。

特に企業がIoTデバイスを導入するとなると、企業の秘密情報の漏えいにもつながってしまいます。

「IoTex」では、ブロックチェーン技術を使って情報を暗号化することでプライバシーの保護を行っています。

暗号化された情報は非常に安全性が高く、改ざんされるリスクもほとんどありません。

「IoTeX(アイオーテックス)」まとめ

今回はプライバシー保護に重点を置いたIoTプロジェクト「IoTeX」をご紹介してきました。
競合が多い業界なので、今後どのように展開していくのかが非常に重要になって行きそうです。

IoT技術の需要はどんどん伸びていますし、非常に興味深いプロジェクトです。