公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

バフェット氏「ブロックチェーンは可能性秘めるが、ビットコインは必要なし」

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. ビットコインに批判的なアメリカの著名投資家ウォーレン・バフェット氏が、またもやビットコインを痛烈批判。
  2. 「人生が変わると期待してビットコインを購入した楽観主義者には同情する」とコメント。
  3. 一方でブロックチェーン技術の可能性を認めたが、成功のために「仮想通貨を頼る必要はない」とした。

バフェット氏がまたもやビットコイン批判、ブロックチェーンは有用か

米著名投資家のウォーレン・バフェット氏は2月25日、米CNBCのインタビュー中にビットコインを厳しく批判した。

バフェット氏はこれまでもビットコインに批判的な立場を貫いてきた。界隈では有名だ。

2018年にも「ビットコインは殺鼠剤を2乗したようなもの」といったコメントを残している。

dai06

「人生が変わるだろうと期待を持ちビットコインを購入した楽観主義者には同情する」と切り捨て、ウォール街(既存の金融機関など)には正真正銘の資金があると主張した。

幼い頃から金融業界の天才であり続けたバフェット氏。その経歴やエピソードは興味深い内容のものばかりだ。※「祖父から買ったコーラを転売する」、「11歳の時に株券を始めて買う」など。

彼のありあまる経験がビットコインへの厳しさの原因なのだろうか?

dai06

一方で、ビットコインを支える技術の一つであるブロックチェーン(分散型台帳技術)については可能性を秘めているとその有用性を認めた。

ブロックチェーンの可能性には肯定的なようだが、その有用性を認めた直後に「ビットコインなどの仮想通貨に頼る必要はなし」と即座に批判した。

なお、バフェット氏と交流も深いビル・ゲイツ氏もビットコインに懐疑的とされている。

dai06


ソース元https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1902/26/news101.html