公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

コインハイブが18カ月でサービス終了、問題多発で継続困難に

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. 仮想通貨マイニングをするツール「Coinhive(コインハイブ)」が2019年3月8日にサービスを終了することを発表。
  2. 運営元は「経済的に継続が困難」と説明。18カ月続いたプロジェクト終止符を打つ。
  3. コインハイブを巡っては、仮想通貨「Monero」の急落や「ユーザーのCPUを無断使用するマルウェアでは?」といった問題があった。

逆風続きのコインハイブ、18カ月間続いたサービスに終止符

Coinhive」(コインハイブ)の開発元であるCoinhive Teamが2月26日、同サービスの提供を3月8日に終了すると発表した。

CoinhiveはWebサイトにJavaScriptコードを埋め込むことで、閲覧者のCPUを使用しMoneroをマイニングするもの。

サービス終了は運営元であるCoinhive Teamがブログで公式に発表した。

dai06

開発元によれば、直近のMoneroのハードフォーク後、ハッシュレートが50%以上低下したことや、Moneroの市場価値が1年間で85%以上暴落したことで打撃を受けたという。

この他にも、3月9日に予定されているMoneroのハードフォークとアルゴリズムのアップデートが影響しているという。

dai06

Coinhiveは、広告に代わるサイト収益化の手法として注目されたが、一部からは「ユーザーのCPUを勝手に使うマルウェアではないか」という指摘もあり、物議をかもしている。

法的根拠については疑問視されつつも、日本でも摘発されるサイト運営者が出ている。

逆風の続く現状を考えれば、今回の決定は致し方ないのかもしれない。

dai06


ソース元https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1902/27/news093.html