公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「Crypto.com Chain(クリプトドットコムチェーン)」モバイルアプリとクレジットカードを使って仮想通貨決済ができるプロジェクト!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「Crypto.com Chain(クリプトドットコムチェーン)」はもともとMONACOという名称で公開された仮想通貨です。
モバイルアプリとクレジットカードを利用して新しい決済システムを提案しています。

「Crypto.com Chain(クリプトドットコムチェーン)」の概要

通貨名/通貨単位Crypto.com Chain/CRO
公開日2017年5月
発行上限100,000,000,000 CRO
ホワイトペーパー ー
公式サイトhttps://www.crypto.com/en/chain
公式ツイッターhttps://twitter.com/cryptocom
購入可能取引所DigiFinex,ABCC,CPDAX,GOPAX

「Crypto.com Chain(クリプトドットコムチェーン)」は、モバイルアプリとクレジットカードを使って新しい支払いシステムを構築するプロジェクトです。
もともとはMONACOという名称で行われてきたプロジェクトですが、2018年後半にリブランディングを行い、現在の名称に変更となりました。

ICOなどで資金調達を行わず、リブランディング前からトークンを保有していた人にエアドロップで通貨を配布しています

すでにクレジットカードブランドVisa等と提携してカード発行を行っており、ブロックチェーンを用いた決済方法としては他のプロジェクトよりもリードしている印象を受けます。

「Crypto.com Chain(クリプトドットコムチェーン)」の特徴

デビットカードによる仮想通貨決済が可能

「Crypto.com Chain」は、デビットカードによる仮想通貨決済を行うことを目的にしたプロジェクトです。
開発は香港のクレジットカード会社Monaco社によって行われており、ビットコインをはじめとする様々な仮想通貨をリアルタイムレートで取引することが可能です。

デビットカードを使って、紐づけられた仮想通貨ウォレットから直接仮想通貨決済を行える環境作りを行っており、決済可能な受け取り対応デバイスの開発や、専用アプリのリリースなども行っています。

カードとアプリを紐づけておけば、決済を行った際にすぐにアプリに通知がくるので、仮に紛失したカードで不正決済が行われた場合でもすぐにその現状を記録することができます。
その際の取引は全て改ざん不可能なブロックチェーンに保管されており、不正決済を証明することにも役立ちます。

MCO Visa Card

「Crypto.com Chain」が発行しているデビットカード「MCO Visa Card」は、世界的に有名なクレジットカードブランドVisaが乗ったクレジットカードです。
様々なサービスと提携を発表しており、公式サイトの紹介ページに乗っている提携サービスは下記の通り。

・宿泊シェアリングエコノミーサービス「airbnb」
・動画サービス「Netfrix」
・音楽配信サービス「Spotify」

どのサービスも、日本のテレビCMなどで見る機会の多い有名企業ばかりですよね。
これらのサービスで「MCO Visa Card」を利用すると、そのサービスに応じて様々なサービスを受けることができます。

例えば宿泊場所をシェアリングエコノミーサービスとして提供する「airbnb」で「MCO Visa Card」を利用すれば、予約ごとに10%の購入リベートを受け取ることが出来たりします。

常に新しい外部サービスへオファーを駆けているようなので、最新情報は公式サイトでチェックしてみてください。

BinanceやOKExなどへの上場

「Crypto.com Chain」はMONACO時代に、様々な中国系取引所で上場を果たしています。
中にはBinanceやOKExなど非常に規模の大きな取引所にも上場しており、手に入れる機会が多い分普及しやすい仮想通貨と言えるでしょう。

「Crypto.com Chain」自体は、最初に取引所DigiFinexへ上場を果たし、Monacoが上場した取引所へ順に上場していく予定です。

プロジェクトとしては今後日本の仮想通貨取引所などへの上場も考えているようです。
セキュリティ性が高く、取引量の多い日本の取引所などに上場されれば、今後さらに注目も集まりそうですね。

「Crypto.com Chain(クリプトドットコムチェーン)」まとめ

今回はクレジットカードを使って仮想通貨決済を行うためのプロジェクト「Crypto.com Chain」をご紹介してきました。

仮想通貨は価格が変動しやすかったり、支払い方法として使える場所が少なかったりと、まだまだ決済方法としては利用しづらいですよね。
今回ご紹介した「Crypto.com Chain」のように、既存の決済システムの中に仮想通貨を組み込むプロジェクトも今後さらに増えていきそうです。

今後の展開に期待し行きたいですね。