公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「Insight Chain(インサイトチェーン)」分散型エコシステムチェーンを提供するプラットフォーム!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「Insight Chain(インサイトチェーン)」は、ブロックチェーンに基づいた分散型エコシステムチェーンを提供するプラットフォームです。
ブロックチェーンドメインのエコシステムに焦点を当て、誰でも利用できる秩序のとれた金融体系を構築しようと思っています。

「Insight Chain(インサイトチェーン)」の概要

通貨名/通貨単位Insight Chain/INB
公開日2018年4月
発行数10,000,000,000 INB
ホワイトペーパーhttp://cdn.appweiyuan.com/insightchain/whitepaper/insight_chain_whitepaper_v1.0_ja.pdf
公式サイトhttp://www.insightchain.io/
公式ツイッターhttps://twitter.com/InsightChain
購入可能取引所DragonEX,OEX

「Insight Chain(インサイトチェーン)」は、ブロックチェーン技術を使って分散型のエコシステムチェーンの構築するプラットフォームです。
企業、メディア媒体、アナリスト、投資家をブロックチェーン技術でリンクさせ、情報の流動性を高めることで様々な関連分野に活かしていくことを目的としています。

エンドユーザー向けのコンテンツ提供だけではなく、プロジェクトの一環としてブロックチェーンやデータ取引の研究も行っています。

業界全体の健全な発展を促進する分散プラットフォームとして開発がはじまり、複数のプロジェクトが同時進行で進行しています。

「Insight Chain」が発行する独自トークンINBは、プラットフォームでのサービス支払いに使われるほか、今後は関連する外部サービスなどでも使われるとしています。

「Insight Chain(インサイトチェーン)」の特徴

情報調査・共有を目的とプラットフォーム

「Insight Chain」では、関連企業、メディア、投資家に向けて、ブロックチェーンや仮想通貨に関連する様々な事象を研究しています。

それらの研究結果はリスト化され、ブロックチェーンに暗号化されて保管しており、常に高い信頼性を維持することが出来ます。

改ざんやハッキングに対して強固なセキュリティ性能を持ちならがら、だれでも保管された情報を追跡することができます。
これにより、もし仮に情報に不具合があったり、間違っていた場合でもすぐにチェックすることができるんですね。

利用者は有益な情報を提供したと認められれば、報酬としてINBトークンを請けることが出来ます。

レビューと索引機能

「Insight Chain」プラットフォームでは、過去のデータリサーチに基づいた索引機能を持っています。
これによってすぐに過去のデータを割くインして、アナリストや投資家にフィードばっくすることが出来ます。

保管されているデータにはレビュー機能が付いており、利用者はそれらの情報が有力であるかどうかの評価を下せます。

これによって利用者同士で情報の信頼性を保証することができ、時間が経つにつれプラットフォーム全体のボリュームも高まって行きます。

インタラクティブ&コンサルテーション

「Insight Chain」プラットフォームでは、利用者同士でコミュニケーションをとれる様々なコミュニティが形成されています。

現在は下記のコミュニティに自由に参加することができます。

・チャットコミュニティ
・ライブ配信
・オンラインフォーラム
・Q&A形式の対話コミュニティ

それぞれ特徴が異なるコミュニティであり、利用者は目的や役割に応じて、利用するコミュニティを選択します。

例えば、ニッチな話題や専門的な分野の情報を得たければ直接専門家と対話ができるものを選んだり、仮想通貨の基礎的なものであれば索引でWikipediaのような利用方法もあります。

利用者が利用方法を選べるというメリットがあり、ただ情報を保管してあるプラットフォームにはない、多くの需要にこたえる多様性があります。

「Insight Chain(インサイトチェーン)」まとめ

今回は分散型エコシステムチェーンを提供する「Insight Chain」をご紹介してきました。
現在は独自のパブリックブロックチェーンのテストを行っている段階で、将来的には現在プラットフォーム上に保管されている様々なデータをパブリックチェーンに移動していくようです。

プロジェクトはロードマップ通りに進行しており、公式の情報発信頻度もとても多いです。
今後どのように発展していくのか非常に楽しみですね。