公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「Maximine Coin(マキシマインコイン)」クラウドマイニングサービスを提供するプラットフォーム!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「Maximine Coin(マキシマインコイン)」はクラウドマイニングプラットフォームを提供するプロジェクトです。
クラウドマイニングは、専門の業者にコンピューターリソースや資金を預けてマイニング報酬を受け取る新しい形態のマイニングです。

「Maximine Coin(マキシマインコイン)」の概要

通貨名/通貨単位Maximine Coin/MXM
公開日2018年3月
発行数16,000,000,000 MXM
ホワイトペーパーhttps://maximine.io/whitepaper/whitepaper_en.pdf
公式サイトhttp://www.maximine.io/
公式ツイッターhttps://twitter.com/maximinecoin
購入可能取引所CoinBene,HitBTC

「Maximine Coin(マキシマインコイン)」はクラウドマイニングのプラットフォーム「Maximine(マキシマイン)」を提供するプロジェクトです。

クラウドマイニングとは、マイニング環境が整っていない人が専門業者に委託してマイニング代行を行ってもらうサービスです。
マイニング業者は利用者から資金やコンピューターリソースを受けとって、それに応じたマイニング報酬を分配します。

まだまだ公開されている情報が少なく、具体的なサービスがどのような規模で開始されるのは予想でしか語られていません。
仮に対応できる通貨が20種類ほどあり、利率も良ければ既存のクラウドマイニングサービス同様に人気のプロジェクトになるかもしれません、

クラウドマイニングのメリット・デメリット

まずはクラウドマイニングのメリット・デメリットからサービスの特徴を見ていきましょう。
現在日本でも徐々にクラウドマイニングの企業も増え始めており、有名どころではDMMやGMO等が挙げられます。

メリット

クラウドマイニングの大きなメリットは、専門的なマイニングの知識が無くても参加することができる点です。
利用者はクラウドマイニングを提供するサービスに投資したり、コンピューターリソースを提供することでマイニング報酬を受け取ることができます。

また、マイニングしたい通貨を選択できるというのも大きなメリットです。

一般的なマイニングの場合、コインごとに通貨発行の承認を行う仕組みが異なるため、その都度機材を変更しなくてはいけません。
クラウドマイニングでは好きな通貨を自由に選択して投資することが出来るので、参入するハードルは非常に低いです。

デメリット

一般的なマイニングと比べると、利益率は非常に低いです。
クラウドマイニングを提供するサービス団体への仲介料も発生しますし、利益自体も分配されるので自分でマイニングを行うよりも収益は低いと言えます。

また、今は業界の安全基準が出来ていない状態でもあるので、詐欺やサービスの倒産などの恐れがあります。
これは法整備などが進めば改善されていくと思いますが、サービスを提供する側としては初期費用、メンテナンスがかかるビジネスでもあるので常にこのリスクは付きまとうでしょう。

これは一般的なマイニングとは異なり、コインごとに専用の機器を用意する必要はなく、比較的少額の投資で複数のコインマイニングに参加することができるメリットが。

「Maximine (マキシマイン)」の特徴

公平かつ安全性の高いネットワーク構築

「Maximine」ではProof of Stake(PoS)アルゴリズムに似たHashing Power Credit System(ハッシュパワークレジットシステム)という仕組みを導入しています。
「Maximine」の独自トークンである「Maximine Coin」を保有していれば、利用者はマイニングプールに貯蓄された金額に比例した報酬を得ることができます。

マルチトークンマイニング

「Maximine」は複数の仮想通貨マイニングサービスを提供するプラットフォームです。
現在公式サイトでは言及はありませんがBitcoin用に開発された集積回路ASICと、イーサリアムベースの仮想通貨には対応するようです。

対応する通貨が多ければ多いほどクラウドマイニングサービスとしての価値も高まるので、今後に注目したいところです。

プールごとにリーダーと目標を設定する

「Maximine」のクラウドマイニングでは、プールごとに専門知識のあるマイニングコミュニティリーダーを選出しています。
このリーダーは運営側と直接連絡をとり、コミュニティが掲げる目標を達成するように努力しなくてはなりません。
その分報酬は高く、今後は選挙のようなシステムを導入し、健全性を高める仕組みを作るとしています。

「Maximine Coin(マキシマインコイン)」まとめ

今回はクラウドマイニングサービスを運営する「Maximine 」をご紹介しました。
クラウドマイニングは非常に素晴らしい仕組みだと思いますが、まだまだ倒産や詐欺リスクも高い業界です。

対応通貨の公開や具体的なサービス開始も始まっていないので、今後どのような展開をしていくのか楽しみですね。