公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「One Root Network(ワンルートネットワーク)」ビジネス利用を目的とした分散型プラットフォーム!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「One Root Network(ワンルートネットワーク)」はインフラストラクチャの構築と推進と、分散ビジネス開発をサポートするプロジェクトです。
様々な展開を想定して開発されており、その市場分野は多岐に渡ります。

「One Root Network(ワンルートネットワーク)」の概要

 

通貨名/通貨単位One Root Network/RNT
公開日2017年8月
発行数400,000,000 RNT
ホワイトペーパー現在、ホワイトペーパー(2.0)に更新中のため閲覧不可
公式サイトhttps://www.oneroot.io/
公式ツイッターhttps://twitter.com/OneRootNetwork
購入可能取引所

「One Root Network(ワンルートネットワーク)」はブロックチェーンを新たなビジネスモデルに組み込むためのプロジェクトです。
仮想通貨、ブロックチェーンを用いたインフラストラクチャ構築の推進と、分散ビジネスを幅広くサポートします。

中央管理者のいない分散型のビジネスを新しく開始する場合、事業者の多くは専門の技術者を集めることが非常に難しいです。
「One Root Network」ではそういった事業者が簡単に分散ビジネスを開始できるよう、様々なサポートを行っています。

取引だけではなく財務機能などにも対応した技術サポートが可能で、公式では業種に合わせた拡張性と柔軟性を持ち合わせているとしています。

「One Root Network(ワンルートネットワーク)」の利用するメリット

R1プロコトル

「One Root Network」は分散型取引を手軽に、かつ効率的に行うためのR1プロコトルを導入しています。

R1プロコトルは注文マッチングをする際、決済を分離するためのプロコトルです。
こうすることで他の分散型取引プロコトルよりも取引効率を上げて、利用者に最も効率的な取引経験を提供するとしています。

まだ独自のプロコトル構造によってR1ベースでの取引所を利用した場合、注文データに互換性をもたらすことで、流動性を共有することにも役立っています。

分散型分散交換(DDEX)

「One Root Network」ではR1プロコトルに基づいた分散型交換(DEX)と、分散型分散交換(DDEX)を行うことができます。

一般的な分散型交換(DEX)は中央管理者を介さず、取引を自動で承認するプロコトルを行って通貨交換などを行うことができる取引や取引所のことを指します。

すでにR1プロコトルをベースにした分散型取引所「Bithumb DEX」等が有名どころでしょう。

分散型分散交換(DDEX)は、分散型取引の特徴はそのままに、安定したセキュリティ性と透明性を確保するために考えられる取引法です。

マッチングはオフチェーンで行われており、より効率的かつ安全性を確保した状態で行われます。

分散集中交換(DCEX)

分散集中交換(DCEX)は分散化された仕組みの中で、より取引の流動性を集中化させるためのシステムソリューションです。

これを利用すれば、通信事業者は世界中で仮想通貨交換を簡単に行うことが可能になります。

その際、異なる規制や管轄区域同士でも、それぞれに準拠した取引を行うことが出来るのです。

また独自のアーキテクチャによってDCEXは全ての参加者の取引データと流動性を共有することが可能になっています。

これは新しい取引所でも国際的な流動の流れにすぐに参加することが出来るというメリットがあります。

「One Root Network(ワンルートネットワーク)」まとめ

今回は様々な展開を見せる「One Root Network」をご紹介しました。
今後様々な展開が予定されているプロジェクトではありますが、現在は主に分散型の仕組みを各種取引に導入するサポートを行っています。

中央管理者のいない分散型取引所という考え方は、2018年を境に非常に注目を集めています。
今後も分散型取引所はどんどん増えていくと思いますし、ぜひ今後の展開に期待したいですね。