公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「XYO Network(XYOネットワーク)」位置情報を用いて、誰でも公平に参加できる貿易ネットワークを構築するプロジェクト!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「XYO Network(XYOネットワーク)」は地域に依存しない貿易市場を提供するプロジェクトです。
ブロックチェーン技術によって安全を確保された流通市場を構築しています。

「XYO Network(XYOネットワーク)」の概要

通貨名/通貨単位XYO Network/XYO
公開日2018年1月
発行数100,000,000,000XYO
ホワイトペーパーhttps://docs.xyo.network/XYO-White-Paper.pdf
公式サイトhttps://xyo.network/
公式ツイッターhttps://twitter.com/officialxyo
購入可能取引所Kucoin,YoBit,

「XYO Network(XYOネットワーク)」は特定の地域に依存しない貿易市場を目指すプロジェクトです。
ブロックチェーンを使った初のクリプトグラフィック位置情報ネットワークを構築し、全世界の100万以上の位置検出ビーコンを保有します。

信頼性の高い位置情報ネットワークを使えば、自動セルフドライビングカ―やAmazonの宅配ドローンへの活用などが見込めます。
「XYO Network」はこれらの近未来技術を助けるプロジェクトとして立ち上がり、今後も位置情報ネットワークを使った様々な事業に展開していくようです。

現在「XYO Network」が発行している独自トークンXYOは、プロジェクトへの投資という意味合いの他に、ネットワークを運営するガスで使用されます。

「XYO Network(XYOネットワーク)」の特徴

信頼性の高い位置情報ネットワークを提供

「XYO Network」を利用することで、企業は様々なデバイスに信頼性の高い位置情報ネットワークを導入することが出来ます。

「XYO Network」ではネットワークの信頼性を高めるため、BluetoothとGPS追跡ビーコンを利用してネットワークを構築していきます。
これは前述したセルフドライビングカ―や宅配ドローンなどの消費者向けビジネスをサポートする他に、企業向けの情報ネットワークとしても利用することが出来ます。

「XYO Network」が持つ位置検出ビーコンは100万以上もあり、常に情報を更新することで信頼性を常に高め続けます。

「XYO Network」で出来ること

「XYO Network」では契約を自動化するスマートコントラクトを用いてネットワーク・エコシステムを構築しています。
利用者は専用アプリを使うことで、様々なデバイスからネットワークにアクセスし、特定のXY座標を検出した上でトランザクション処理を行うことができます。

例えばAmazonなどの大手eコマース企業が「XYO Network」を利用すれば、商品が注文されて倉庫から発送され、消費者に届くまでの全ての過程に位置情報などを付加し追跡することが出来ます。
企業側は消費者に正しく商品が発送されたかどうかを確認することができ、消費者側は受け取る前に、自分が注文した商品がどこにあるのかを知ることができます。

これらの位置情報は全てブロックチェーンとスマートコントラクトによって誰かの手が加わらず処理されているため第三者が介入できず、暗号化された情報は改ざんされるリスクもありません。

様々な消費者向けサービスをより便利に

「XYO Network」の公式サイトでは、eコマース以外にも様々なユースケースが提案されています。
これらは個別に詳細なホワイトペーパーも用意されているので、ぜひチェックしてみてください。

・医療分野の情報管理:https://docs.xyo.network/UseCase_eCommerce.pdf

・貸し出しサービスなどの消費者の紛失リスクの軽減:https://docs.xyo.network/UseCase_RentalCarFacilities.pdf

・保険:https://docs.xyo.network/UseCase_Insurance.pdf

特筆すべきは、消費者へ備品などを貸し出す事業を行っている企業へのユースケース。
「XYO Network」を利用すれば、なんらかのアクシデントで消費者が貸し出した物を無くした時の損失を防ぐことができます。

例えばレンタカーの場合、アメリカでは顧客が鍵を無くしてしまうなどのアクシデントで、毎年数百万ドルの損失を抱えています。
しかし「XYO Network」の位置情報ネットワークを用いれば、鍵自体が今どこにあるかすぐに知ることができます。

「XYO Network(XYOネットワーク)」まとめ

今回は信頼性の高い位置情報ネットワークを構築する「XYO Network」をご紹介しました。
今回紹介したユースケース以外にも、こう言った位置情報を使ったサービスは非常に増えてきています。
投資先として見ても注目していきたいプロジェクトだと感じました。