公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

失われたクアドリガの仮想通貨、他の取引所に預けた可能性浮上

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. 創業者の急死で多額の仮想通貨が引き出されなくなったクアドリガ。
  2. その仮想通貨が他の仮想通貨取引所に預けられている可能性が浮上。
  3. 監査法人によれば、クアドリガのコールドウォレットは2018年4月以降まともに使われた形跡がなかったという。

仮想通貨発見は間もなく?クラーケンやビットフィネックスに預けられた可能性

創業者の急死により仮想通貨が引き出せなくなったカナダの仮想通貨取引所クアドリガCXが、大量のイーサリアムをほかの取引所に預けていた可能性が浮上している。

仮想通貨などの調査を行う監査法人、ZeroNonCenseがこの旨を報告。レポートには仮想通貨取引所クラーケンのCEOであるジョセ・パウエル氏からの裏付けもあるという。

dai06

3月1日、裁判所から指名された監査法人のアーネスト&ヤングは報告書を出し、クアドリガのコールドウォレットが18年4月から使われていない状況であると指摘した。

アーネスト&ヤングは6つのコールドウォレットを特定したが、どれもほとんど使われていないことを確認。なお、コールドウォレット使用中止の理由はわかっていないという。

dai06

ZeroNonCenseはクアドリガのトランザクションを分析。レポートによれば、クアドリガが持つ約65万ETHがクラーケンやビットフィネックス、ポロニエックスといった仮想通貨取引所に預けられているという。

こうした動きについて、ZeroNonCenseは「クアドリガの関係者は気付いていなかったのでは?」とも報告。

一方で亡くなったゲリー・コットン氏の妻であるジェニファー氏は、宣誓供述書のなかで「他の取引所に預けた可能性」にも言及していたようだ。

本当に他の取引所にあるならば、引き出すことは不可能ではないという。暗礁に乗り上げた問題は解決に近付きつつあるのかもしれない。

dai06


ソース元https://jp.cointelegraph.com/news/quadrigacx-reportedly-stored-eth-on-kraken-bitfinex-and-poloniex-research-finds