公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

楽天ウォレットの仮想通貨取引6月スタート、大手企業動く夏に

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. 楽天ウォレットは19年6月より仮想通貨取引サービスを開始することを発表。
  2. 新規口座開設の受付は4月15日に開始予定。
  3. ほかには4月に大手19社が出資するディーカレットが、5月にヤフーが出資するTaoTaoが取引を開始する。

一斉スタートの仮想通貨取引所、夏の市場は盛況か

仮想通貨取引所の楽天ウォレット(旧みんなのビットコイン)は29日、6月より仮想通貨取引サービスを開始すると発表した。

この発表は公式のものだ。

口座開設手数料は無料、問い合わせにはAI技術による自動応答サービス、セキュリティ対策にはコールドストレージによる資産管理などの情報も。

dai06

最近、日本の仮想通貨業界は盛り上がりを見せている。とりわけ目立つのは大手企業による仮想通貨サービスの開始だ。

春から初夏にかけ日本の仮想通貨業界は大きく動き出しそうだ。

4月16日には19社もの大手企業らが出資するディーカレットが取引を開始する。19社のなかには、インターネットイニシアティブやJR東日本、伊藤忠商事などが名を連ね、大きな話題を呼んでいる。

dai06

弱気相場に突入して久しい仮想通貨市場。大手企業の相次ぐ参入が、復活に向けたきっかけになるか注目だ。

2018年は問題続きの仮想通貨業界だったが、2019年はなんとなく期待できそうだ。

大手企業らの安定した運営により、仮想通貨そのものへのイメージアップにも期待したい。

dai06


ソース元https://jp.cointelegraph.com/news/rakuten-wallet-to-start-crypto-trading-in-may