公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「Aston(アストン)」医療現場で使われることを目的に開発された仮想通貨!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「Aston(アストン)」は医療現場で使われることを目的に開発された仮想通貨と、プロジェクトの名称です。
病院の該当する手数料を「Aston」を使って支払うことで、保険などの際に必要な情報を自動的に伝達します。

「Aston(アストン)」の概要

通貨名/通貨単位Aston/ATX
公開日2017年10月
最大発行数1,000,000,000ATX
ホワイトペーパー
公式サイトhttps://www.aston.company/
公式ツイッターhttps://twitter.com/aston_company
公式テレグラムhttps://t.me/joinchat/G162Bw-_R66S45McmvF10A
購入可能取引所BCoin.sg,Cashierest,CoinBene,Coinrail

「Aston(アストン)」は医療現場で使われる仮想通貨を開発するためのプロジェクトです。

患者が病院に治療費を支払う際に、「Aston」の独自トークンATXを利用することで通常支払うべき手数料などが安くなります。
これは病院の院務課に収めるべき手数料がカットされることによるもので、患者は実際の医療費以上の金額を支払う必要がありません。

「Aston」は病院側にもメリットがあるプロジェクトであり、ブロックチェーンを用いた医療費の流れはそのまま医療契約の台帳となります。
金額の流れを追うだけで、これまで必要だった手間のかかる文書管理を手軽に行うことができ、人件費などのカットにも繋がります。

「Aston(アストン)」の特徴

医療現場で利用される仮想通貨

「Aston」はカスタム可能な独自ブロックチェーンを用いて、医療現場に仮想通貨ソリューションを起こすために発足されたプロジェクトです。

ブロックチェーンは改ざんが非常に難しい記録プロコトルであり、医療情報や患者の個人情報を守ることに向いています。

医療費の支払いトランザクションデータを安全に管理しておくことで、医療現場で使われるお金の流れを透明にし、どんなことにお金が使われているのかまで追跡することが可能です。

今後はトランザクションデータだけではなく、医療データの管理も行えるように開発が進んでいくようで、情報管理という点でも期待されているプロジェクトです。

個人・企業別に用意されたAston Wallet

「Aston」では個人・企業別に専用のオンラインウォレットを提供しています。

・Aston Wallet(個人用ウォレット)

個人用の「Aston Wallet(アストンウォレット)」は、オンライン・オフラインで機能する多機能なウォレットです。
モバイルデバイスでQRコードを読み込めば、瞬時にトランザクションデータにアクセスし、支払いや金額の確認などが行えます。

・Business Wallet(企業用ウォレット)

企業用ウォレットである「Aston Business Wallet(アストンビジネスウォレット)」は、病院などと契約している薬品会社や、物流会社が利用するためのウォレットです。

個人ウォレット同様、どのような契約が履行されているのかをすぐ確認でき、ウォレット自体が領収書の代わりとなります。

個人ウォレットと違い、利用権限を分散することが可能で、例えば社長でなければメインウォレットの資金を移動できなくしたり、特定の環境下でなければ支払い自体をできなくするなどが可能です。

・Aston Gate(企業用ウォレット)

「Aston Gate」は、企業用が利用する情報処理に重きを置いたウォレットです。
ブロックチェーンと直接連結することで、トランザクションデータ外からも情報管理を行うことができます。

「Aston(アストン)」まとめ

今回は医療現場で使われることを目的にした仮想通貨プロジェクト「Aston」をご紹介してきました。
安全な情報管理を行えるブロックチェーン技術は、重要な情報を扱う医療現場との相性がばっちりですね。

今後は支払い以外にもプロジェクトが発展していくようなので、新情報の公開に期待していきたいです。