公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「BitKan(ビットカン)」取引所でもあり、100万人以上が利用する大型仮想通貨情報サイト!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「BitKan(ビットカン)」は、中国で100万人規模の利用者を有する大型仮想通貨情報サイトです。
現在は仮想通貨取引所としても稼働しており、順調に取引量も伸びてきています。

「BitKan(ビットカン)」の概要

通貨名/通貨単位BitKan/KAN
公開日2013年11月
最大発行数10,000,000,000 KAN
ホワイトペーパー
公式サイトhttps://bitkan.com/en/
公式ツイッターhttps://twitter.com/BitKanOfficial
公式テレグラム
購入可能取引所BitMart,CoinEx,Huobi Global,OKEx,ZB.COM

「BitKan(ビットカン)」は、仮想通貨取引所、および仮想通貨情報サービスを提供する企業です。
独自トークンKANはプラットフォーム上の有料コンテンツの支払いに使われるほか、仮想通貨取引を行う際の取引手数料として使われています。

プラットフォームはすでに100万人以上の利用者がいる大規模なもので、情報サイトとしてスタートしたものの中国では取引所としての人気が高いようです。
今後どのように発展していくのかはわかりませんが、独自トークンKANを用いた様々なプロモーションなどを行っていく予定としています。

「BitKan(ビットカン)」の特徴

様々な仮想通貨サービスを提供しているプラットフォーム

「BitKan」は、仮想通貨関連の様々なサービスを提供しているプラットフォームです。
主体としているサービスは下記の3つになります。

・仮想通貨取引所
・仮想通貨情報サービス
・マイニングプール

もともとは仮想通貨や金融関連の情報をまとめるサイトとして開始され、後に仮想通貨取引所としてのサービスを開始しました。
現在は取引所として有名になりつつあり、国の取引所の中でも上位5位に入る取引量を誇ります。

その他にはビットコインをはじめとするマイニングプールを保有しており、今後は誰でも参加できるクラウドマイニングサービスを本格的に展開していくようです。

独自トークンKAN

「BitKan」が発行する独自トークンKANは、プラットフォームの手数料や有料サービスの支払いなどに使われる仮想通貨です。
取引所では基軸通貨の一つで使われるほか、何かトラブルがあった際の分配金としても使われています。

有料コンテンツは、仮想通貨の特定の情報(提携機関の研究報告書)などの閲覧や、マイニングの配当金などで、外部での使用用途がほぼありませんが、プラットフォーム内通貨としては非常に多機能です。

「BitKan」アプリを提供

「BitKan」では、簡単にプラットフォームへアクセスすることができる専用アプリを提供しています。

このアプリには仮想通貨取引の基本的な機能に加え、リアルタイム市場観測機能、価格アラート、マイニングモニター、情報まとめなど「BitKan」の様々なコンテンツに即座にアクセスすることが出来ます。

アプリは標準版、iOS版、Android版の3種類がリリースされています。

公開されているアプリは英語版、中国語版の2種類で、2019年中に他6つの言語に対応するとしています。

「BitKan(ビットカン)」まとめ

今回は取引所の運営や、仮想通貨の情報サービスを提供する「BitKan」についてご紹介させていただきました。
様々な仮想通貨関連コンテンツを提供する「BitKan」ですが2020年以降、今までにない新たな展開を行っていくとしています。

まだ詳しい情報は出てきていませんが、新情報の公開に期待していきたいですね!