公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「BnkToTheFuture(バンクトゥザフューチャー)」仮想通貨関連の企業の株式やトークンに投資することができるプラットフォーム!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「BnkToTheFuture(バンクトゥザフューチャー)」は、仮想通貨に関連する企業の株式やトークンに投資することが出来るプラットフォームです。
プラットフォームの名称が「BnkToTheFuture.com」、独自トークンの名称が「BnkToTheFuture」と言います。

「BnkToTheFuture(バンクトゥザフューチャー)」の概要

通貨名/通貨単位BnkToTheFuture/BFT
公開日2011年6月
最大発行数1,000,000,000 BFT
ホワイトペーパー
公式サイトhttp://bf-token.bnktothefuture.com/
公式ツイッターhttps://twitter.com/BankToTheFuture
公式テレグラムhttps://bnktothefuture.com/telegram/bf-token
購入可能取引所Bittrex,Ethfinex,Gate.io,Huobi Global,UPbit

「BnkToTheFuture(バンクトゥザフューチャー)」は、仮想通貨関連企業の株式やトークンに投資することが出来るプラットフォームです。
独自トークンBFTは投資の際の資金に使われる他、プラットフォーム上の様々なサービスを利用する際の料金にも使われます。

他にも似たようなコンセプトを持ったプロジェクトやプラットフォームは多数存在しますが、「BnkToTheFuture」が特徴的なのは未公開の株式やトークンへの投資が可能な点です。

急成長が見込める企業の株式やトークンへの投資は、可能な限り早い段階に投資することに大きなメリットがあります。
その点で今後公開される予定の未公開株・トークンへ投資できるというのは、投資家にとって非常に魅力的な要素と言えます。

「BnkToTheFuture(バンクトゥザフューチャー)」の特徴

仮想通貨関連企業への投資ができるプラットフォーム

「BnkToTheFuture」は、仮想通貨やブロックチェーンに関する事業を行っている企業の株式やトークンに投資することが出来るプラットフォームです。

通常、このような未公開株やトークンはスタートアップ企業を専門とする投資会社や、有望な企業への投資を行う一部のエンジェル投資家でしか行えません。

「BnkToTheFuture」を利用すれば、プラットフォームを通して今後上場する未公開株・トークンなどへも投資することが出来ます。
今後に期待される企業へ投資をしたいと考えている投資家や、コネなどがないスタートアップ企業が投資してくれる人を見つけるのが非常に容易になります。

投資家の需要にこたえる機能性

「BnkToTheFuture」では、投資家が求める様々な機能をプラットフォーム上で提供しています。

・外部機関・専門コミュニティによるデューデリジェンス
・投資家向けの広報
・ブロックチェーンなどの専門家による適正検査

投資の際に必要な企業の情報を適正に査定し、それを正しく投資家へフィードバックする機関の存在は非常に重要です。

ここで挙げた機能の他にも、今後は取引所などに関する機能を追加していくとしています。

専門家コミュニティ

「BnkToTheFuture」では上記で挙げたような機能性を保つため、ブロックチェーンや投資家、技術者などのコミュニティを形成しています。

専門家はプラットフォーム上で自由に登録を行うことが可能で、デューデリジェンスや情報の管理など、投資家に適切なフィードバックを行える環境を常に維持しています。

登録した専門家は正しい情報を投資家へフィードバックすることで、その情報の内容に評価応じたがつけられます。
この評価はを維持することで、専門家は報酬としてBFTを受け取ることができます。

「BnkToTheFuture(バンクトゥザフューチャー)」まとめ

今回は仮想通貨関連企業へ投資が行えるプラットフォーム「BnkToTheFuture」をご紹介しました。
仮想通貨を用いた投資が一般的になりつつある昨今、こう言った投資家のためのプラットフォームは非常にありがたいですよね。

取引所などとは違い、上場していないトークンなどにも購入できると言うのは、投資家にとっても非常に大きなメリットだと思います。