公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「Callisto Network(カリストネットワーク)」イーサリアムクラシックからハードフォークされた仮想通貨!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「Callisto Network(カリストネットワーク)」は、イーサリアムクラシックからハードフォークによって生まれた仮想通貨です。
主にイーサリアムクラシックのスケーラビリティ問題の解決、安全性の向上を目的としています。

「Callisto Network(カリストネットワーク)」の概要

通貨名/通貨単位Callisto Network /CLO
公開日2018年3月
最大発行数6,500,000,000
ホワイトペーパーhttps://docs.google.com/document/d/
公式サイトhttps://callisto.network/
公式ツイッターhttps://twitter.com/CallistoSupport
公式テレグラムhttps://t.me/CallistoNet
購入可能取引所HitBTC

「Callisto Network(カリストネットワーク)」は、イーサリアムクラシックからハードフォークして生まれた仮想通貨です。
イーサリアムクラシックの様々な問題点を解決し、より決済手段として利用しやすくすることを目的としています。

「Callisto Network」の開発チームはイーサリアムクラシックのチームが行っており、ハードフォークの際にはイーサリアムクラシック保有者に1:1でエアドロップによる配布が行われました。

今回はそんな「Callisto Network」について詳しくご紹介していきたいと思います。

「Callisto Network(カリストネットワーク)」の特徴

イーサリアムクラシックの問題点

「Callisto Network」はイーサリアムクラシックの抱える様々な問題点を解決する仮想通貨プロジェクトです。
イーサリアムクラシックは、下記のような問題点を抱えていました。

・スケーラビリティ問題

スケーラビリティ問題とは、ブロックチェーンが複数の処理を行うことで、システム全体の処理が重くなってしまうと言う問題です。
支払い方法として安定した環境を作るためには、処理の軽いシステム構造が必要になります。

・未発見のバグなどを適切に発見・処置できる仕組みがない。

イーサリアムクラシックには、外部からシステムをチェックできるような仕組みがありません。
そのため不慮のバグが発生した時にすぐ対処できるように、外部の監査システムが必要になります。

「Callisto Network」による問題点の解決

イーサリアムクラシックの問題点を、「Callisto Network」では下記の方法で解決します。

・ETC networks

「Callisto Network」はイーサリアムクラシックのブロックチェーンをサポートするサイドチェーンとしての機能を持ちます
データ処理の一部を請け負うことで、メインチェーンであるイーサリアムクラシックの処理を軽減し、スケーラビリティ問題を解決します。

・スマートコントラクトの監査

「Callisto Network」では、常にスマートコントラクトの監査を行って致命的なバグなどが無いかをチェックする機能を持ちます
これは直接セキュリティ性能の向上にも近づき、何百万ドル規模の損失と言われるスマートコントラクトへのハッキングリスクを軽減します。

コールドステーキング通貨

「Callisto Network」はコールドステーキングという特徴を持った仮想通貨です。
コールドステーキングとは通貨保有者に保有年数に応じた報酬を与えるという制度であり、「Callisto Network」では2018年11月から開始されました。

「Callisto Network」ではマイニング報酬の20%を報酬として受け取ることができ、報酬額は保有年数に応じて上がっていきます。

価格の上昇だけではない報酬制度は株式における配当金のようなもので、仮想通貨投資が株式投資と比べて不利な点を解決しようとしています。

「Callisto Network(カリストネットワーク)」まとめ

今回はイーサリアムクラシックからハードフォークされた「Callisto Network」についてご紹介しました。
イーサリアムクラシックのサイドチェーンという側面があるため、その価格はイーサリアムクラシックの価格変動に大きく依存しています。

投資先としてみると情報が集めやすいですし、価格変動の差異以外にも報酬を受け取れるので、とても魅力的な通貨だと感じます。