公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「CPChain(シーピーチェーン)」次世代のIoT分野で利用される分散型インフラストラクチャー!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「CPChain(シーピーチェーン)」は次世代IoT分野における新しい分散型インフラストラクチャーを提供するプロジェクトです。
CPはCYBER PHYSICAL(サイバーフィジカル)の略称で、独自トークンの通貨単位はCPCとなります。

「CPChain(シーピーチェーン)」の概要

通貨名/通貨単位CPChain/CPC
公開日2017年12月
最大発行数999,999,999 CPC
ホワイトペーパーhttps://www.cpchain.io/download/CPChain_Whitepaper_English.pdf
公式サイトhttps://www.cpchain.io/
公式ツイッターhttps://twitter.com/cpchain_io
公式テレグラムhttps://t.me/cpchain
購入可能取引所Bibox,KuCoin,Bibox,IDEX

「CPChain(シーピーチェーン)」はモノとネットを繋げるIoT分野で使われる分散型インフラストラクチャーを提供するプロジェクトです。
分散型オンラインストレージとブロックチェーン技術を組み合わせてIoTシステムで用いられるデータプラットフォームを構築します。

「CPChain」プラットフォームや専用のアプリケーションを通してデータの取得や保存、共有を行い、利用者全てに利益をもたらすことを目的にしています。
既存のIoTシステムの課題と言われるデバイスコストの軽減や、プライバシー保護、保管したデータの価値を最大化し、業界全体に有望なソリューションをもたらします。

「CPChain(シーピーチェーン)」の特徴

IoT分野で用いられるデータプラットフォーム

「CPChain」はIoT分野で使われるデータを保管するためのプラットフォームです。
保管されるデータは、エンドユーザーのIoTデバイスの利用情報、店舗やショッピングサイトの売り上げなどです。

それらの情報は企業へフィードバックされたり、研究目的で活用されます。
また、保管されたデータの価値を最大化するために、事業展開やユースケースの案内なども行っています。

将来的には世界中のIoTデバイスを繋ぎ、誰でも簡単にアクセスできるビッグデータプラットフォームを提供します。

IoT分野のビッグデータを用いたユースケース

モノとインターネットを繋げるIoT技術、およびビッグデータベースは、ビジネスや個人利用問わず様々なことに応用が効きます。
「CPChain」では収集したデータを下記のような事業などで利用することを想定しています。

・インテリジェント交通
・スマートメディカル(医療)
・公共セキュリティ

例えば人の多い時間帯などのデータを収集して交通関連事業者にフィードバックすることで、運搬などで無駄な時間を省略したり、警備会社にフィードバックすることでセキュリティ性を高めることに役立ちます。

ビックデータは数が多くなればそれだけ情報の精度があがっていくため、プロジェクトが継続し続ける限り成長しつづけます。

関連業界で著名な開発チームメンバー

「CPChain」の開発メンバーは、関連業界で長年務めた人がほとんどです。
主に金融業界、ブロックチェーン技術者、IoT関連事業の人が多く、プロジェクト発足時から注目度も高かったです。

中心開発メンバー
・Dr.Bin Zhao(IoT、およびFintech分野の研究者)
・Qingwei Shi(シェアードフィナンシャル創設者)
・Dr.Chengnian Long(ブロックチェーンや分散型システムの研究を行っている大学教授)

この他にも様々な分野の韓国人専門家を中心としたチームがプロジェクトに携わっています。
主に金融関連の事業者が多からか、今後投資家に向けたサポートなども積極的に行っていくとしています。

「CPChain(シーピーチェーン)」まとめ

今回はIoT分野で利用されるビッグデータプラットフォーム「CPChain」をご紹介してきました。
十年以上前から投資家の間で注目されてきたIoT分野とその市場ですが、ブロックチェーン技術の登場でさらに期待値も高まりました。

関連プロジェクトも多くなってきたので、今後どのように独自性を出していくのかとても興味深いです。