公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「DAPS Token(ダップストークン)」匿名性の高い支払いシステムを提供する仮想通貨プロジェクト!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「DAPS Token(ダップストークン)」は非中央集権的な匿名性の高い支払いシステムを提供するプロジェクトです。
過去の優秀なプライバシーセキュリティを取り入れて統合し、信頼性の高い安全な仮想通貨を目指します。

「DAPS Token(ダップストークン)」の概要

通貨名/通貨単位DAPS Token /DAPS
公開日2018年2月
最大発行数60,000,000,000 DAPS
ホワイトペーパーhttps://dapscoin.com/whitepaper.pdf
公式サイトhttps://dapscoin.com/
公式ツイッターhttps://twitter.com/DAPScoin
公式テレグラムhttps://t.me/dapscoin
購入可能取引所Bleutrade,Crex24,Mercatox,STEX,

「DAPS Token(ダップストークン)」は、非中央集権的な支払いシステムを提供する「DAPS」プロジェクトの発行する仮想通貨です。
秘匿性に優れ、過去に成功したプライバシーセキュリティ技術をストレステストを行った上で統合し、安全な支払いシステムを構築します。

ノードを部分的に暗号化することで、安定したスケーラビリティと信用度を維持したまま通貨を運用することができまるのも大きな特徴です。
完全なプライベートなブロックチェーンを構築し、ビットコインをはじめとするパブリックチェーンの問題点を解決することを目的にしています。

今回はそんな「DAPS Token」について詳しくご紹介していきたいと思います。

「DAPS Token(ダップストークン)」の特徴

完全なプライベートチェーン

「DAPS Token」は完全なプライベートチェーンを構築するプロジェクトです。

従来の仮想通貨で多く使われているパブリックチェーンは、不特定多数のノードやマイナーがトランザクションデータの承認を行います。
ビットコインブロックチェーンに参加している誰もが承認プロセスを行うことをできるため、ブロックが生成される毎に検証が行われ、それが全体の正当性を保証する根拠となります。

一方プライベートチェーンは、トランザクションデータやブロックの生成を行う承認プロセスを、一部のノードに限定しています。
パブリックチェーンと比べ一部中央集権的な承認プロセスをはさむものの、トランザクション処理が非常に効率的で、承認を待つ時間が非常に少ないです。

「DAPS Token」のブロックチェーンは完全なプライベートチェーンを目指しており、承認プロセスを一部中央集権化することで全体の処理を安定させているのです。

DAPSウォレットアプリ

「DAPS Token」は、専用のウォレットアプリをリリースしています。

「DAPS Token」ウォレットは非中央集権的な分散型アプリケーション(Dapp)であり、利用するためにはMetamask(メタマスク)と呼ばれるブラウザプラグインを導入する必要があります。

ウォレットはERC20トークンを保管できるウォレットになっており、イーサリアムベースの仮想通貨の多くに対応しています。

クロスチェーンによる流動性

「DAPS Token」は別のブロックチェーンと連動するクロスチェーン機能を持ちます

従来のブロックチェーンは、別のブロックチェーン間の交換ができません。
しかしクロスチェーン機能を持った仮想通貨であれば、取引所を介さずにP2Pプロコトルを用いて直接交換することが可能になっています。

手数料が安くなるだけではなく、流動性も高める効果が期待でき、投資対象としても非常に魅力的です。

「DAPS Token(ダップストークン)」まとめ

今回は高いセキュリティ性能を持つ仮想通貨「DAPS Token」をご紹介してきました。
非常に魅力的なプロジェクトだと思うのですが、日本ではほとんど知名度が無いのが残念ですね。

まだプロジェクトは進行中であり、今後の展開が期待されます。