公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「High Performance Blockchain(ハイパフォーマンスブロックチェーン)」素早い決済と高い安全性を実現する仮想通貨プロジェクト!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「High Performance Blockchain(ハイパフォーマンスブロックチェーン)」は中国・韓国などで期待されている仮想通貨プロジェクトです。
1秒間に最大で数百万回のトランザクションをサポートすることが可能で、素早い決済と高い安全性を実現しています。

「High Performance Blockchain(ハイパフォーマンスブロックチェーン)」の概要

通貨名/通貨単位High Performance Blockchain/HPB
公開日2018/1/9
最大発行数100,000,000 HPB
ホワイトペーパーhttp://hpb.io/HPB_WhitePaper_en.pdf
公式サイトhttp://hpb.io/
公式ツイッターhttps://twitter.com/HPB_Global
公式テレグラムhttps://t.me/hpbglobal
購入可能取引所Bibox,Bit-Z,DEx.top,KuCoin,OKEx,UEX

「High Performance Blockchain(ハイパフォーマンスブロックチェーン)」は2018年1月に公開された、比較的新しい仮想通貨プロジェクトです。
開発は主に中国人の技術者チームによって行われており、独自トークンHPBは中国・韓国でとても人気のある銘柄です。

プロジェクトの目的は、既存のブロックチェーンインフラスタラクチャに革命的な技術的進歩を提供し、現在多くの仮想通貨が抱える決済として利用しづらいという弱点を克服することとしています。

高性能ブロックチェーンソフトウェアと、ブロックチェーンオフロードエンジン(BOE)を組み合わせ素早いトランザクションと安定した処理を実現します。

「High Performance Blockchain(ハイパフォーマンスブロックチェーン)」の特徴

素早いトランザクション処理

ビットコインをはじめとする多くの仮想通貨では、流動性が高まるほど決済の処理速度が低下するというのが大きな課題になっています。

「High Performance Blockchain」はこういった課題に対し高性能なブロックチェーンソフトウェアと、ブロックチェーンオフロードエンジン(BOE)を採用することで解決しようとしています。

BOEとは、既存のブロックチェーンネットワークを最適化し取引処理の高速化を図るための仕組みです。
現在、多くの仮想通貨で使われているコンセンサスアルゴリズムには、ブロック承認のプロセスに多くの無駄が生じています。

BOEはこれらのプロセスを一部単一にし、ブロックチェーンの負担を減らすことで常に安定したトランザクション速度を維持することが出来ます

柔軟なカスタマイズ性

 

「High Performance Blockchain」のネットワークはプロ・アマ問わず、どんな人でも簡単にアクセスすることが出来ます。
それの最もわかりやすい例が、プラットフォームの分散型アプリケーション(Dapp)開発環境でしょう。

「High Performance Blockchain」プラットフォームでは、スマートコントラクトが実装された中央管理者の存在しないDappを自由に開発することができ、その際に余計な手間が必要ありません
イーサリアムなどのプラットフォームを利用する場合は、Solidity(ソリディティー)と呼ばれる専用言語での開発に限られますが、「High Performance Blockchain」プラットフォームでは一般的なプログラミングで用いられるJavaやphpでの開発が可能になっています。

これにより今までDapp開発を行っていなかったエンジニアが自由にアプリ開発できる環境になっており、優秀な技術者を利便性などのハードルで失うリスクを下げています。

中国の有名企業との提携

「High Performance Blockchain」では、すでに幾つかの中国企業と提携を交わしており、中には中国民ならだれもが知る有名企業もあります。

ーパートナーシップー
・union pay
・NEO

union pay(ユニゾンペイ)は中国でもっとも多く使われているカードと言われています。
union payとはテストマーケティングなどでも関わりあいの深い企業です。

中国版イーサリアムと言われるNEOも、仮想通貨投資家の中では非常に有名なプロジェクトですよね。

「High Performance Blockchain(ハイパフォーマンスブロックチェーン)」まとめ

今回は中国・韓国で人気の仮想通貨「High Performance Blockchain」についてご紹介してきました。
近年、中国は日本の10年先にいるとも言われている成長の著しい国で、プロジェクトにも期待が寄せられています。

2018年後半から中国系仮想通貨の勢いがすさまじいので、木になる方は是非チェックしてみてくださいね!