公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「InsChain(インスチェーン)」スマートコントラクトを用いて中国の保険業務を自動化する仮想通貨プロジェクト!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「InsChain(インスチェーン)」は中国市場における、保険業務を自動化するためのプロジェクトです。
ブロックチェーン技術を用いて、複雑な保険業務を自動化し今後やってくる中国の保険需要に対応する仕組み作りを目指しています。

「InsChain(インスチェーン)」の概要

通貨名/通貨単位InsChain/GETX
公開日2018年3月15日
最大発行数
ホワイトペーパーhttps://www.inschain.io/public/files/insChain2.0.pdf
公式サイトhttps://www.inschain.io/
公式ツイッターhttps://twitter.com/insChainaccount
公式テレグラムhttps://t.me/inschain_official
購入可能取引所

「InsChain(インスチェーン)」は中国の保険業界で使われることを目的にした仮想通貨プロジェクトです。

現在、中国の経済成長はすさまじく、技術的には日本よりも10年以上進んだ生活水準になりつつあると言われています。
一方で中国の保険普及率は全体の4.2%で、2020年までに約5%上昇するとも言われています。

「InsChain」は保険市場が今の倍にもなるこの需要に対応するため、ブロックチェーンを用いて保険契約の自動化を行うためのプロジェクトです。
目的が非常に明確で投資家からの注目度も非常に高い仮想通貨です。

「InsChain(インスチェーン)」の特徴

「InsChain」が解決する保険業界の課題

「InsChain」は現在の保険業界には下記のような課題があるとしています。

・商品づくりから契約の履行まで多くの時間と費用がかかり、それによる保険料の高額化
・中央集権的な保険業務の中には一部不透明なものも存在する

「InsChain」はこのような課題に対し、人工知能とスマートコントラクトを利用して複雑な処理を自動化しようとしています。
これによって本来人がやらなければならなかった書面での処理や、そのための無駄な人件費などが省かれ、結果的に保険料が安くなります。

また、ブロックチェーンを用いて資金の流れをオープンにし、透明性の高い取引を可能にしています。

人工知能(AI)とスマートコントラクト

人工知能(AI)とスマートコントラクトを用いた保険処理には多くのメリットが存在ます。

スマートコントラクトとは、契約の際に生じる複雑な処理をあらかじめプログラミングしておき自動化するという仕組みです。
利用者の保険内容などをプログラムが自動的に認識し、設定された契約を順に履行していきます。

スマートコントラクトを用いた契約の履行には第三者の介入できる余地が無く、悪質な利用者、または保険サービス提供者による不正が起こりません。

また、これらに人工知能(AI)を組み合わせることで、過去の保険内容などから自動的に適切なプランを提供したり、新しい法律などにも柔軟に対応することが出来ます。

情報発信やAirdropも実施している

「InsChain」では、主にエンドユーザーに向けた情報発信やAirdropなども積極的に行っています
TwitterやMediumなどのSNSや公式サイトでの情報発信は他の保険プロジェクトとは比にならない頻度で行われており、エンドユーザーが情報を集めやすい環境になっていると言えます。(日本語のものはあまりないのは残念ですが…)

Airdropとは、仮想通貨による資金調達(ICO)を行う際にマーケティングキャンペーンの一環で新規トークンを配布することです。
「InsChain」ではトークン発行時期にすでに行っており、積極的にコインホルダーを集めようとしていることが伺えます

「InsChain(インスチェーン)」まとめ

今回は保険業界で使われる仮想通貨「InsChain」をご紹介してきました。
中国の保険業界は、近年の内に必ず急成長すると言われている注目度の高い市場です。

もし興味のある方がいたら、ぜひチェックしてみてください。