公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「Loom Network(ルームネットワーク)」分散型アプリケーション(Dapp)開発者のための総合プラットフォーム!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「Loom Network(ルームネットワーク)」はイーサリアムのベースの仮想通貨であり、分散型アプリケーション(Dapp)の問題点を解決するためのプロジェクトです。
メインのブロックチェーンとは別のサイドチェーンを用いることで、Dapp全体の負担を軽減することができます。

「Loom Network(ルームネットワーク)」の概要

通貨名/通貨単位Loom Network/LOOM
公開日2017年9月
最大発行数1,000,000,000 LOOM
ホワイトペーパー
公式サイトhttps://loomx.io/
公式ツイッターhttps://twitter.com/loomnetwork
公式テレグラムhttps://t.me/loomnetwork
購入可能取引所Allbit,Bilaxy,Binance,Bitbns,Bithumb,Bitrue,Bittrex,Coinbase Pro,

Coinbe,CoinBene,Coineal,CoinExchange,CoinPlace,DDEX,DEx.top,

GOPAX,Hotbit,Huobi Global,IDEX,Korbit,KuCoin,LATOKEN,Livecoin,

Poloniex,Radar Relay,Switcheo Network,Tidex,TOKOK,Trade.io,UPbit,YoBit,

「Loom Network(ルームネットワーク)」はイーサリアムベースのERC20トークンであり、分散型アプリケーション(Dapp)の抱える問題に対するソリューションを提供するプロジェクトです。

イーサリアムベースのDappが抱える問題を解決し、より開発しやすい環境を整えることを目的にしています。
独自トークンLOOMはアプリ開発の支払いなどで使われており、公開から約1年で20以上の取引所に上場を果たしました。

「Loom Network」では誰でもDappを開発することが出来るプラットフォームを構築しており、専用の開発キット「Loom SDK」を提供しています。
「Crypto Zombies」や「Delegate Call」など、業界的にも有名なアプリがリリースされており、非常に注目度の高いプロジェクトです。

分散型アプリケーション(Dapp)と問題点

分散型アプリケーション(Dapp)とは中央管理者がいなくても自律的に稼働するアプリケーションです。

最大の特徴はブロックチェーン技術を使うことで、アプリ内で購入したコンテンツの所有権を自由に移動することが可能な点です。
例えばゲームアプリで購入したアイテムやキャラクターが利用者の資産(アセット)となり、仮にサービスが終了したとしてもその所有権は半永久的にネットワークに残ります。

従来のアプリのような中央集権的な管理から脱却し、よりユーザーライクな環境を整える上で重要な意味を持つDappですが、最も有名なイーサリアムベースのDappには下記のような問題点が指摘されてきました。

・スケーラビリティ問題
・新規参入がしにくい開発環境

イーサリアムベースのDappは非常に数が増えてきており、今まではメインチェーンのみで全てのデータ処理をしていました。
しかし膨大なデータ処理は全体の動作を遅くしてしまい、これによって様々な不具合が生じます。

また、イーサリアムベースのDappを開発するためにはこれまでSolidityという専門の言語が必要でした。
これは外部の一般的な言語を使っているエンジニアにとってのハードルが高く、参入しづらいと言うデメリットでもありました

「Loom Network(ルームネットワーク)」のソリューション

サイドチェーン

「Loom Network」ではメインのブロックチェーンとは別にサイドチェーンを使って、データ処理を行っています
今までメインチェーンが行っていた複雑な処理をサイドチェーンと分担することで、全体の処理を安定させています。

また、「Loom Network」のサイドチェーンにはPlasma Cash(プラズマキャッシュ)という機能が実装されています。
これは無数のサイドチェーンがツリー状になっていて、一つの処理を行うと、次の処理へ段階的に移行していくというものです。

従来のモノよりもデータ処理が効率的で、これによって従来のDappが抱えるスケーラビリティ問題を解決しています。

開発プラットフォームとLoom SDK

「Loom Network」ではDappを開発するための専用プラットフォームと、開発キットLoom SDKの提供を行っています。

Loom SDKは仮想通貨を使ったゲーム作りに特化した開発ツールで、利用者は誰でも簡単に仮想通貨での支払いシステムを自作ゲームに導入することが出来ます。
すでに幾つかのコードが用意されており、それらのコードを組み合わせただけで簡単にアプリ開発を行うことができます。

過去には東京、ソウル、ニューヨーク、北京、上海、ロンドンなどでDapp開発に関するハッカソンイベントが開催されました。
どれも盛況で、今後「Loom Network」を使ったDappに期待が集まっています。

「Loom Network(ルームネットワーク)」まとめ

今回はDappの課題を解決する仮想通貨プロジェクト「Loom Network」をご紹介しました。
Dappは今後のアプリの新しい形として注目が集まっており、業界的にも期待されている分野です。

もし気になった方がいたら日本語版の公式サイトもあるので、是非チェックしてみてください。