公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「Red Pulse Phoenix(レッドパルスフェニックス)」信頼性の高い情報を共有するプラットフォーム!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「Red Pulse Phoenix(レッドパルスフェニックス)」は信頼性の高い情報を共有することを目的にしたプラットフォーム です。
急速な経済成長をしている中国発のプロジェクトで、今後はあらゆる事業への利用が期待されています。

「Red Pulse Phoenix(レッドパルスフェニックス)」の概要

通貨名/通貨単位Red Pulse Phoenix/PHX
公開日2014年11月
最大発行数1,362,278,592 PHX
ホワイトペーパー
公式サイトhttps://www.redpulse.com/
公式ツイッターhttps://twitter.com/red_pulse_china
公式テレグラムhttps://t.me/redpulse
購入可能取引所Binance,Bitbns,Huobi Global,KuCoin,Switcheo Network

「Red Pulse Phoenix(レッドパルスフェニックス)」は信頼性のある情報を簡単に共有することができるプラットフォームです。

現在中国では、ネットなどを介した情報の信頼性についてたびたび議論になります。
ネットで根拠のない情報があたかも事実のように伝達されていく現状を打破するため、ブロックチェーンによって安全な情報を多くの人に共有するために発足されたのが「Red Pulse Phoenix」プロジェクトです。

中国の様々な市場が注目しており、多くの分野から開発者を集めてシステムや扱われる情報の研究を行っています。

「Red Pulse Phoenix(レッドパルスフェニックス)」の特徴

中国版イーサリアム「NEO」との関係性

「Red Pulse Phoenix」は、中国版イーサリアムと呼ばれる仮想通貨「NEO」のブロックチェーンをベースに開発されています。
NEOベースの仮想通貨群の中でも「Nep5」という種類で、イーサリアムにおけるERC20やERC223のような立ち位置です。

「Red Pulse Phoenix」の独自トークンPHXは、支払いを行う際に研究のためのプロンプトを作成することができます。

プロンプトは特定の動作を促すもので、必要な研究データや参考資料の需要を高めるという役割があります。

正確な情報の生産と伝達

「Red Pulse Phoenix」は情報ソースの確かな、信頼性のある情報の運用を行うプラットフォームです。
具体的には各業界の専門家や開発者などを結び、安全な経路で利用者に発信します。

ニュース情報や企業の動き方を財務諸表や中国のウェブサイト(国営のものがメイン)を独自のデータベースに集約します。
収集された情報はジャンルごとに分けて関連性や信憑性を検証・分析してデータとして公開されています。

この情報は非常に信憑性の高いモノで、一般利用者だけではなく研究機関の資料としても使われます

機械学習で関連性・優先順位をつける

「Red Pulse Phoenix」では管理されている情報と利用者の閲覧履歴などを元に、利用者へ有益な情報を提案します。
Amazonが購入履歴などを参考に関連商品を表示する技術と似ていますが、それをブロックチェーン技術によってさらに強固にしたようなイメージです。

これにより研究者を含む利用者は、それぞれ自分にとって有益な情報を膨大なデータベースの中から簡単に見つけ出すことが出来ます。

利用者の求める情報を学習し、より関連性の深い情報を優先順位をつけて提案します。

「Red Pulse Phoenix(レッドパルスフェニックス)」まとめ

今回は信頼性の高いデータベースを構築するプラットフォーム「Red Pulse Phoenix」をご紹介しました。

日本でも一般人の書いた記事などが、新聞などと同じように扱われてしまうという問題がたびたび議論になりますよね。
ブロックチェーンによって情報にも数値的に価値を付加できるようになったのですから、今後こういったプロジェクトはどんどん増えていきそうです。

気になった方は是非チェックしてみてください。