公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「Aeron(アエロン)」航空会社へブロックチェーンソリューションを提供するプロジェクト!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「Aeron(アエロン)」は航空会社向けのブロックチェーンプロジェクトです。
ブロックチェーン技術によって航空業界の課題に対するソリューションを提供することが目的です。

「Aeron(アエロン)」の概要

通貨名/通貨単位Aeron/ARN
公開日2017年11月3日
最大発行数100,000,000ARN
ホワイトペーパーhttps://i.aeron.aero/storage/AeronWhitepaper.pdf
公式サイトhttps://aeron.aero/
公式ツイッターhttps://twitter.com/aeron_aero
公式テレグラムhttps://t.me/aeronaero
購入可能取引所Hitbtc,Tidex,Gate,Mercatox

「Aeron(アエロン)」は航空業界における問題を解決するブロックチェーンプロジェクトです。

主にブロックチェーン技術を利用して適切な情報管理を行い、ヒューマンエラーによる飛行機事故等や情報偽装のリスクを軽減することを目的としています。

その他にも航空業界は様々な課題を抱えており、より安全な環境を提供することを目的とした拡張性のあるプラットフォームと仕組み作りを行っていくとしています。

独自性のあるプロジェクト内容からリリース時から投資家からの注目度は高かったようです。
今回はそんな「Aeron」について詳しくご紹介していきたいと思います。

「Aeron(アエロン)」の特徴

航空事故理由の約60%がヒューマンエラー

飛行機という交通手段が一般化してから100年以上の年月が経過しました。
技術力の向上やパイロットの教育環境の改善などは行っているものの、まだまだ事故が絶えることはありません。

これらの航空事故のうち、ヒューマンエラーが原因と言われているものは約57%にもおよび、機器不良などの技術的な問題に大差をつけています。

「Aeron」はこう言った航空事故の現状に、ブロックチェーン技術を用いたソリューションを提供するためのプロジェクトです。

内部不正などが出来ない環境

航空業界は、情報管理の方法に問題があるのではないかとずっと指摘されてきました。

例えばパイロットによるフライトレコード’(飛行記録)の情報管理です。

フライトレコードとはパイロットが搭乗する際に記入する記録のことで、このレコードの管理は基本パイロットに一任されています。

そのため既存のシステムでは、事故が発生した場合にパイロットに都合の悪い情報を削除・改ざんすることが実質的に可能な状態になってしまっているとの意見があります

過去のフライトログに関しても同様な状態で、個人が簡単に改ざんすることのできる管理環境では、健全な情報管理を行っているとは言えません。

「Aeron」はこのフライトデータを改ざんすることができないブロックチェーン技術を使って管理することで、フライトレコードの管理環境を改善しようとしています。

自動的にフライトレコードを記入すれば、常に透明性の高い状態で正しい情報管理が行え、今後に活かすことが出来ます。

強固なセキュリティと透明性の両立

「Aeron」はマルチシグと呼ばれる仕組みを使って、高いセキュリティ性能を維持することが出来ます。

マルチシグとは、単一のデバイスやアドレスにかかっている鍵を複数に分割して管理する手法です。

仮に「Aeron」のデータベースがウィルスやハッキングなどのリスクにさらされ、分割された鍵の一つが開けられてしまっても、他の鍵によって施錠されたデータへの改ざんが不可能になります。

また、フライトデータを始めとするブロックチェーンに書き込まれたデータはオープンソースになっており、常に誰かが確認できる状態になっています。

飛行時間などのログを記録するパイロット用のアプリケーションを介して一般の人でも閲覧することが出来るようになっており、航空教育現場や事業者、メンテナンス機関など別のソース元から、データが改ざんされていないか確認することが出来る仕組みも提供しています。

「Aeron(アエロン)」まとめ

今回は航空業界で利用されるブロックチェーンプロジェクト「Aeron」をご紹介してきました。
「Aeron」のことを調べていく中で、筆者である私自身、航空業界にこのような問題があるということを知りました。

今後どのように発展していくのかは未知数ですが、投資家としても是非注目したいプロジェクトだと感じます。