公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「Cashaa(キャッシャー)」外国為替専門の金融取引プラットフォーム!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「Cashaa(キャッシャー)」は外国為替を専門にする取引プラットフォームです。
2016年にプロジェクトが開始されてから、「世界で最も影響力のある100のブロックチェーン企業TOP10」にランクインするなど、海外では有名なプロジェクトです。

「Cashaa(キャッシャー)」の概要

通貨名/通貨単位Cashaa/CAS)
公開日2016年6月
最大発行数1,000,000,000 CAS
ホワイトペーパー
公式サイトhttps://www.cashaa.com/
公式ツイッターhttps://twitter.com/CashaaLTD
公式テレグラムhttps://t.me/cashaanews
購入可能取引所Exrates,HitBTC,IDEX,TOPBTC

「Cashaa(キャッシャー)」は仮想通貨と法定通貨の安全な取引を可能にする金融プラットフォームです。
プロジェクトとして掲げているのはブロックチェーンと仮想通貨を使った外国為替プラットフォームの形成で、プロジェクト開始から投資家からの注目度も非常に高かったです。

従来の銀行が行っていた業務を人工知能(AI)を使って自動化し、ブロックチェーンで情報を安全に管理することで、半自動的に稼働する金融取引プラットフォームを提供します。

自律的に稼働する金融プラットフォームは人件費などや定期的なシステムメンテナンスなどのコストを削減することが可能で、利用者と運営どちらにもメリットがあります。

「Cashaa(キャッシャー)」の特徴

ブロックチェーン技術と生態認証

「Cashaa」では利用者の情報を、網膜と指紋を使った生体認証によって管理しています
利用者はあらかじめ自分の情報を登録しておくと、それらのデータはブロックチェーンに暗号化・分散化されて保管されます。
これによって「Cashaa」内の個人情報は改ざん・複製することが出来きないようになっています

また、利用者の口座にはそれぞれ暗号化された秘密キーが設定されています。
これはランダムに決定される文字列になっていて、簡単に知ることが出来ないようになっています。

「Cashaa」では取引などで内部データが必要な場合、必ず生体認証と秘密キーによるアクセスが必要になっており、利用者の個人情報と資産を保護しています。

プライベートチェーンによる安全な取引

「Cashaa」の取引はプライベートチェーンによって行われています。

プライベートチェーンとは取引を行う当事者がネットワークに参加する際に、承認が必要なブロックチェーンのことです。

プライベートチェーンは複数のノードによってコンセンサスを取るため、ビットコインなどで利用されているパブリックチェーンと比べてもトランザクションスピードが速いという特徴があります。

またブロックチェーンの情報にある程度の秘匿性を持たせることが可能で、トランザクションを公開する必要があるブロックチェーンに比べ事業で使われることに向いています。

口座を持っていなくても利用することが出来る

日本では銀行口座を持っていない人は本当にごく少数ですよね。

しかし世界的に見てみると、地域的な問題などで銀行口座を持っていない人がたくさんいます
また、事業などを行う際に銀行口座を使わなくてもよい国や地域の人は、そもそも口座を持つ必要性がありません。

また一方で、スマートフォーンの普及は世界的に見ても拡大し続けており、銀行口座を持っていなくてもスマホなら持っているという人は非常に多いです。

「Cashaa」では、スマホがあれば銀行口座を介さなくても通貨の取引を行うことができるように設計されています。
専用のアプリケーションを利用すれば貯蓄・融資・決済などの金融取引を一括で行うことができ、仮想通貨だけではなく法定通貨を管理する銀行のように使うことができるため、口座を作りたくても作れない人達に向けた金融ソリューションとなります。

「Cashaa(キャッシャー)」まとめ

今回はブロックチェーンを利用した金融プラットフォーム「Cashaa」をご紹介しました。
銀行に馴染みのない国や地域へのソリューションとしても期待されているので、投資先としても魅力的ですよね。

専用アプリのリリース、サポートなどの評判もよく、プロジェクトが開始されてから2年以上たっても投資家から注目を集めているのが伺えます。