公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「Celer Network(セラーネットワーク)」オフチェーンスケーリングと高速トランザクションを特徴とする仮想通貨!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「Celer Network(セラーネットワーク)」は高速トランザクションとオフチェーンスケーリングを特徴とするプラットフォームです。
独自トークンCeler Network Token(CELR)は、プラットフォーム内で開発された分散型アプリケーション(DApp)内の支払いなどで使われます。

「Celer Network(セラーネットワーク)」の概要

通貨名/通貨単位Celer Network/CELR
公開日2019年3月19日
最大発行数10,000,000,000 CELR
ホワイトペーパーhttps://www.celer.network/assets/doc/CelerNetwork-Whitepaper.pdf
公式サイトhttps://www.celer.network/
公式ツイッターhttps://twitter.com/CelerNetwork
公式テレグラム
購入可能取引所

「Celer Network(セラーネットワーク)」はオフチェーンで大規模なトランザクション、分散型アプリケーション(DApp)などの開発などが行えるプラットフォームです。
複数の階層から成るプラットフォーム構造を持ち、従来の仮想通貨の問題点として挙げられていたスケーラビリティ問題や、DAppの開発環境を改善するためのソリューションを提供します。

パブリックブロックチェーンベースのプロジェクトを展開するDFINITYとパートナーシップを結んでおり、DFINITYのプラットフォーム上で使われているフルスマートコントラクトサポートというオフチェーンスケーリングの問題点を解決するプロダクトの実装などを行っています。

ロードマップによると2019年には完全なクロスチェーン運用が可能になるとしており、ICO時に発表したプロダクトが全て完了します。
その後どのような展開を行っていくのか、投資家からの注目も集まっています。

「Celer Network(セラーネットワーク)」の特徴

オフチェーンスケーリング

従来の仮想通貨で行われてきたブロックチェーン上の処理は、承認が遅れたり、多くのトランザクション処理を行うと遅延が発生してまうことが問題になっていました。

「Celer Network」ではこのソリューションとして、オフチェーンかつローカルで稼働するスマートコントラクトを実装しています。
スマートコントラクトとは、特定の条件を設定しておくとその条件に合わせて自動的に契約を処理するプロダクトです。

これによって決済を自動化し、メインチェーンの処理を高速化することが可能になっています。

3層構造を持つスケーリングプラットフォーム

「Celer Network」では分散型アプリケーションの開発を行う層、ブロックチェーン層、メインネットワーク層の三つの構造を持つプラットフォームです。
それぞれ役割が異なっており、メインネットワークでは下記のようなプロダクトが実行されます。

・cChannel(シ―チャネル)

cChannel(シ―チャネル)はオフチェーンスケーリングを行うプラットフォーム全体の基盤となる技術表層です。
スマートコントラクトの処理をサポートし、ステートチャンネルやサイドチェーンもこの階層です。

・cRoute(シ―ルート)

cRoute(シ―ルート)は分散輻輳プレッシャーを利用した階層です。
価値の移転を行うバリュートランスファーをルーティングするために利用されます。

・cOS

オフチェーンの分散型アプリケーションを構築したり、実際に運用する上でのフレームワークやランタイムを提供する階層です。

・cEconomy(シ―エコノミー)

はネットワーク全体に安定した流動性と拡張性をもたせるための階層です。

ブロックチェーン技術やルーティング技術に精通した開発者チーム

「Celer Network」の開発チームは、ブロックチェーンシステムのエンジニアや研究者がほとんどです。

・Mo Dong(モー・ドン)氏
ブロックチェーン関連のシステムエンジニア、研究者

・Qingkai Liang(インカイ・リアン)氏
コンセンサスシステムのエンジニア、研究者

・Junda Liu(ジュンダ・リゥ)氏
グーグルなどでダイナミックデータセンターポロジなどを開発した技術者

中にはグーグルでシステム開発などを担当していたスタッフもいるんですね。
今後公開されているプロダクトなどの情報は、彼ら主要開発者のSNSなどでも発信されています。

「Celer Network(セラーネットワーク)」まとめ

今回は高速トランザクションとオフチェーンスケーリングを特徴とするプラットフォーム「Celer Network」をご紹介しました。
現状プロジェクトはロードマップ通りに進行していますが、本格的な運営が始まるころにはまた評価も変わりそうです。

2019年に様々な動きがあるようなので、新情報を待ちましょう。