公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「Restart Energy MWAT(リスタートエナジーMWAT)」電気・ガスエネルギー事業で使われる仮想通貨!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「Restart Energy MWAT(リスタートエナジーMWAT)」は欧州連合の電気・ガスエネルギーの供給会社「Restart Energy(リスタートエナジー)」が発行する仮想通貨です。
「Restart Energy」はEUで初めてエネルギー供給事業のフランチャイズを発展させ、年間2,000万米ドルの売り上げを上げている企業です。

「Restart Energy MWAT(リスタートエナジーMWAT)」の概要

通貨名/通貨単位Restart Energy MWAT/MWAT
公開日2017年11月
最大発行数500,000,000 MWAT
ホワイトペーパー
公式サイトhttps://restartenergy.io/
公式ツイッターhttps://twitter.com/restartenergyio
公式テレグラムhttps://t.me/restartenergy
購入可能取引所Coinsuper,IDEX,KuCoin,Sistemkoin

「Restart Energy MWAT(リスタートエナジーMWAT)」は、電気・ガスエネルギーを供給する「Restart Energy(リスタートエナジー)」社が発行する仮想通貨です。

「Restart Energy」社は欧州連合(EU)のエネルギー事業のフランチャイズを中心に、世界規模のエネルギー関連事業を展開する会社です。
もともとはルーマニアで起業された民間企業で、現在はブロックチェーン技術を使った非中央集権的なエネルギー供給プラットフォームと関連するエコシステムの構築に力を入れています。

抱えている顧客は27000世帯を超え、ブロックチェーンプロジェクトとしても投資家から注目されています。
今回はそんな「Restart Energy MWAR」について詳しくご紹介していきたいと思います。

「Restart Energy MWAT(リスタートエナジーMWAT)」の特徴

Restart Energy Democracy Platform

「Restart Energy」は、ブロックチェーン技術を使ってグローバルなエネルギー供給プラットフォーム「Restart Energy Democracy Platform(リスタートエナジーデモクラシープラットフォーム)」を構築しています。

これは利用者同士(売り手、買い手)を直接繋ぐP2Pになっており、中央管理者を介さない直接的なエネルギー取引を行うことができます

利用者は面倒な手続きをしなくてもブロックチェーンによって公平な機能の上でエネルギー取引を行うことができ、中央管理者がいないためコストも安いです。

利用コストの削減は、これまで市場を独占していた企業のエネルギーを解放し、より地元企業が収益を得られる仕組みを作ることが出来ます。

REDプラットフォーム

「Restart Energy」が提供するREDプラットフォームは、消費者が生産者から直接エネルギーを購入することができる仕組みです。
主に風力・水力・太陽光などから取得された再生可能エネルギーを取り扱っており、こちらも最新のブロックチェーンとIoT技術を用いた開発が行われています。

REDプラットフォームのエネルギー取引は、下記のような特徴があります。

・P2P取引によるコスト削減
・低下価格な高品質取引
・仮想通貨決済に対応
・どこにいてもアクセスできる取引プラットフォーム

REDは専用のスマホアプリを用いて、いつどこにいてもアクセスすることが出来ます。

企業だけではなく、家庭にある太陽光パネルなどで発電したエネルギーも対象になります。
環境が整えば、誰でも売り手になることが出来るプラットフォームというのは、投資家としても非常に魅力的です。

開発チーム

「Restart Energy」の開発チームは、エネルギー事業の関係者や分散アプリケーションの専門家など様々です。

主要メンバー
・Armand Doru Domuta(CEO 兼 創設者)
・Renato Doicaru(共同創設者 兼 エネルギー獲得責任者)
・Cristian Bogdan(最高財務責任者)
・Vali Malinoiu(CTO)

彼ら以外にもIoT分野の専門家やネットワークやマーケティングの専門家など、非常に多岐にわたる専門家が開発チームの参加を発表しています。
公式サイトでは彼らを紹介する特設ページなども作られており、投資家としても安心できるポイントです。

「Restart Energy MWAT(リスタートエナジーMWAT)」まとめ

今回はエネルギー市場で使われる仮想通貨「Restart Energy MWAT」をご紹介しました。
エネルギー事業は安定した需要がある分野です。ブロックチェーン技術と組み合わさったことで、これまで様々な問題で供給できなかった地域にもソリューションをもたらすことが出来ます。

今後の進展に期待していきたいですね。