公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「Spendcoin(スぺンドコイン)」誰でもどこからでもアクセス出来る仮想通貨プロジェクト!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「Spendcoin(スぺンドコイン)」は世界中どこにいてもアクセスすることが出来る仮想通貨を作ることを目的にしたプロジェクトです。
イーサリアムベースの仮想通貨であり、転倒などで直接仮想通貨による支払いを行うことが出来るVisaカードを発行しています。

「Spendcoin(スぺンドコイン)」の概要

通貨名/通貨単位Spendcoin /SPND
公開日2018年3月
最大発行数2,000,000,000 SPND
ホワイトペーパー
公式サイトhttps://spendcoin.org/
公式ツイッターhttps://twitter.com/SpendFoundation
公式テレグラムhttps://t.me/SpendChat
購入可能取引所Bilaxy,Bittrex,Upbit

「Spendcoin(スぺンドコイン)」は、世界中どこにいてもアクセスすることが出来る仮想通貨を作ることを目的にしたプロジェクトです。
発行される独自トークンSPNDは、専用のウォレットアプリやVisaカードを通じて簡単な即時決済を行うことが出来ます。

低い取引手数料とマルチチェーンネットワークを特徴とする流動性の高い仮想通貨であり、ビットコインやイーサリアムが目指した、まったく新しい決済方法を提案します。

2018年3月にプロジェクトが本格的に指導し、すでにBittrexやUPbitなどの有名取引所に上場を果たしています。

「Spendcoin」の特徴

何処にいても使うことのできる仮想通貨を目指す

「Spendcoin」は、利用者が世界中のどこにいても気軽に利用することが出来る仮想通貨となるべく、主に二つの方法で決済を可能にしています。

・専用のウォレットアプリを利用した支払い
・Visaカードの発行

専用のウォレットアプリは仮想通貨が利用しにくい一般的な店舗でも、アプリをダウンロードしたデバイス(スマホなど)があれば簡単に決済を行うことが出来るようにするのを助けています。
Visaカードも同様で、直接ウォレットからその場で法定通貨に変換し、世界中どこにいても低コストで換金することが可能に成っています。

また、プラットフォームでは「Spendcoin」の特徴として下記の五つをアピールして利用者を増やしています。

・シームレスな悪戦環境の整備
・低い取引手数料と、即時決済と呼べるほど高速なトランザクション
・企業利用も可能な安全性の高い仮想通貨
・ビットコイン、イーサリアム以上に流動性に優れた構造作り。

仮想通貨が普及するためには、より多くの販売店などで利用しやすい環境福利を整えることです。
現在はまだまだ投機対象としての側面が強く、積極的に一般的な支払い方法になろうと開発がすすめられている仮想通貨は年々減ってきているのが事実です。

その点、「Spendcoin」は前述したウォレットやVisaカードで、誰でも複雑な手続きを踏まなくてもよい構造作りをしているという点が投資家の間でも注目を集めています。

Spendcoinウォレット

「Spendcoin)がリリースした専用アプリは、仮想通貨を一般的な支払い方法として定着させることを目的にしたウォレットアプリです。
Spend.comと提携をし、Visaカードの支出元としても簡単に登録することが出来ます。

従来のウォレットアプリ同様、対応した仮想通貨を安全に保つ機能もしっかり備わっており、市場価格の比較機能なども今後導入したいとしています。

情報の発信ペースが早い

プロジェクトの進行は比較的「Spendcoin」が後悔したロードマップ通りに進行しています。
様々な展開のペースは非常に早く、SNSなどの更新ペースも速いです。

日本人向けコミュニティはまだ存在しないものの、将来的には日本、ドイツに向けた何かしらの情報発信も積極的に行っていくとしています。

「Spendcoin」まとめ

今回は世界中どこでもアクセスすることが出来る仮想通貨「Spendcoin」をご紹介していきました。
プロジェクトが開始されてからまだ1年ということもあり、本格的に注目が集まるのはまだ先でしょう。

支払い方法としての仮想通貨を目指すプロジェクトは数も多く、ライバルも強豪銘柄ばかりなので、今後に期待したいところです。