公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「Stakenet(ステークネット)」Lightning Networkとマスターノードを使った仮想通貨プロジェクト!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「Stakenet(ステークネット)」はLightning Network(ライト二ングネットワーク)とMasternodes(マスターノード)を使ったブロックチェーンプロジェクトです。
実質的なゼロ手数料取引、安全性の高いマスターノードを特徴とした独自トークンXSNを発行しています。

「Stakenet(ステークネット)」の概要

通貨名/通貨単位Stakenet/XSN
公開日2008年7月
最大発行数88,340,966 XSN
ホワイトペーパー
公式サイトhttps://stakenet.io/
公式ツイッターhttps://twitter.com/XSNofficial
公式テレグラムhttps://t.me/joinchat/BdGxxw-s3b4_DdBdbChI4g
購入可能取引所ABCC,Coinall,Livecoin,Sistemkoin

「Stakenet(ステークネット)」はLightning Network(ライト二ングネットワーク)とMasternodes(マスターノード)という特徴的な二つを利用したブロックチェーンプロジェクトです。

分散型取引所の構築や分散型アプリケーション(Dapp)構築の環境づくり等を行っており、利用者が運営側と公平な立場で利用できるサービスを目指しています。

一方で、ブロック報酬によって発行された仮想通貨の10%は運営側に変換されます。
これらは開発資金やマーケティングキャンペーンなどに使われるようで、プロジェクトとして利用者を増や層としています。

「Stakenet(ステークネット)」の特徴

Stakenet(ステークネット)ブロックチェーン

「Stakenet」で使われるブロックチェーンは下記の2種類のノードで構成されています。
特にマスターノードは分散型取引所や分散型アプリケーションの実行において重要な意味を持ちます。

・Staking Nodes(ステーキングノード)

Staking Nodes(ステーキングノード)は「Stakenet」のデータ移動、検証、セキュリティを担当するノードです。
コインをいくつ保有しているのかに関係なく、誰でもStaking Nodesを実行するStaker(ステーカ―)になることが出来ます。

・Masternodes(マスターノード)

Masternodesは、Stakenet dx(Lightning DEX)など独自トークンXSNを利用したハイエンドネットワークサービスの提供、および分散型アプリケーション(Dapp)の実行を担当するノードです。
公式サイトでは従来のコンピューターにはない膨大なリソースを持ったコンピューターネットワークを形成する処理能力の高さが売りとしています。
Masternodesを利用者が実行するためには、15,000XSNが必要になるとのことです。

Lightning Network(ライト二ングネットワーク)

ビットコインなどでも使われているLightning Networkとは、ブロックチェーンの外側で機能する技術の一つです。
メインのブロックチェーンを第一層(The 1st Layer)として、その上に構築される第二層(The 2nd Layer)として機能します。

Lightning Networkの役割の大部分を占めるのが、仮想通貨による即時決済を実行するということです。
ブロックチェーンの外で各自が送金を行う環境を提供することで、ブロックチェーン自体に負担をかけずに多くの取引を行うことが出来ます。

また、Lightning Networkで行われる取引はオフラインでなければ実行できないと言う特徴があります。
しかし、ブロック生成や全体のトランザクションの影響を受けずに第二層だけで決済を処理することが可能という点で、多くの仮想通貨が抱えていた「少ない取引しか同時に実行することができない」という問題のソリューションとして注目されました。

分散型民主主義プラットフォーム

「Stakenet」プラットフォームの意思決定と統治は、ブロックチェーンの暗号化とノードの実行権を持つコイン保有者によって保たれる分散型の民主主義です。

「Stakenet」プラットフォームの特徴
・中央集権的なリーダーが存在しない
・ブロックチェーンによる分散型自律プラットフォーム
・コイン保有者が議定書を管理する
・マスターノード所有者が投票権を持つ

このように「Stakenet」プラットフォームでは、ブロックチェーンを利用した暗号化プラットフォームを、独自トークンXSNを保有する利用者の総合意思によって管理されています。

運営側に決定権やプロジェクトの実行権が依存しないことで、プラットフォームやトークンの公平性を保っています。

「Stakenet(ステークネット)」まとめ

今回はLightning NetworkとMasternodesを使ったブロックチェーンプロジェクト「Stakenet」をご紹介してきました。
プロジェクトはロードマップに準拠して進行しており、投資家からの信頼も厚く感じます。

ただ似たようなプロジェクトは非常に多く、取引量が伸びていないのが残念な部分。
今後の進展に期待していきたいですね。