公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「Time New Bank(タイムニューバンク)」個人の時間価値の数値化を行い、リソースを最適分配できるプラットフォーム!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「Time New Bank(タイムニューバンク)」は個人の時間価値を数値化し、優秀な人材の最適な分配を行うことができるプラットフォームです。
中立で公平な価格設定を行うため、複数の市場の売り手・買い手からの情報を収集しています。

「Time New Bank(タイムニューバンク)」の概要

通貨名/通貨単位Time New Bank/TNB
公開日2017年11月27日
最大発行数4,415,707,418 TNB
ホワイトペーパーhttps://tnb.fund/pdf/TNB_business_white_paper_en.pdf?v=1.0.1
公式サイトhttps://tnb.fund/
公式ツイッターhttps://twitter.com/TimeNewBank
公式テレグラムhttps://t.me/tnb_en
購入可能取引所Bibox,BigONE,Binance,C2CX,CoinBene,DragonEX,Ethfinex,FCoin,Hotbit,Huobi Global,Huobi Korea,OTCBTC

「Time New Bank(タイムニューバンク)」は個人の時間価値を数値化し、人的リソースの最適分配を行うことを目的にしたプラットフォーム「Miao’A International Timechain(MIT)」で使われる仮想通貨です。
イーサリアムベースのERC20トークンであり、契約の履行にはイーサリアムのスマートコントラクトが使われています。

現代社会において、人の時間は非常に価値のあるモノです。
しかし、それぞれ得意・不得意なことが違ったり、使うことのできる時間は限られているためその価値は人によって異なります。

「Time New Bank」は独自のアルゴリズムとブロックチェーン技術によってこれら人的時間価値の数値化を行っています。

「Time New Bank(タイムニューバンク)」の特徴

Miao’A International Timechain

「Miao’A International Timechain」は、個人の時間価値を数値化・最適分配を目的に開設されたプラットフォームです。
ブロックチェーン技術と、独自の価値計測アルゴリズムを用いて、登録されている利用者の時間価値を数値化します。

企業は数値化されたデータを元に人材を採用したり、仕事の一部分を委託したりすることが出来ます。
採用される側は自分の適切な能力に合わせた仕事に就くことができたり、より給与の高い仕事を選択することが出来るようになります。

スマートコントラクトによる自動契約

スマートコントラクトは、複雑な処理を予め設定しておくことで、条件が整った時に契約の履行を自動で行う仕組みです。
これにより毎回面倒な契約書などを描く必要がなくなり、利用者側の負担を減らします。

またシステム全体の効率化にも貢献しており、膨大な数の処理を行わなければならない「Miao’A International Timechain」や「Time New Bank」トークンのトランザクションのパフォーマンスを、常に高い水準で保つことが出来るとしています。

「Time New Bank(TNB)」トークン

「Time New Bank」は主に、「Miao’A International Timechain」プラットフォーム内で使われる支払い方法として利用されます。
比較的早い段階から大手取引所Binanceへの上場を果たし、公開からすぐ価格が高騰しました。

イーサリアムベースのERC20トークンであることから、イーサリアム系のウォレットで保管できるのも大きなメリットです。

ただ現状は用途が限られているため、投機対象として見られることの多い仮想通貨です。

「Time New Bank(タイムニューバンク)」まとめ

今回は人的リソースを最適分配するためのプラットフォーム「Miao’A International Timechain」と、そこで利用される仮想通貨「Time New Bank」についてご紹介しました。
個人の時間価値を数値化するという一風変わったプロジェクトですが、世界中の人材を、その人が最も適した環境に分配できるというのは凄く夢があります。

今後どのように展開していくかによって評価も大きく変わりそうです。
プロジェクトの進展に期待しましょう。