第4回 仮想通貨オフ会参加者募集中!

スタンプと一緒にLINE coinを送れる時代が到来? LINEが仮想通貨事業へ参入

LINEが仮想通貨事業に参入

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

31日、大手通信アプリのLINEが仮想通貨事業に参入することを発表しました。
ニュースサイトNHK NEWS WEBによると、LINEはCoincheckのXEM大量流出問題を受けて、「セキュリティ対策を徹底した事業を進めていきたい」と語っているようです。

LINEが仮想通貨事業に参入

LINEは1月10日の時点で、すでに金融事業を手掛ける子会社を設立しており、アプリ内で仮想通貨取引を行うサービスを行うだけでなく、新規取引所を運営するということです。
既に金融庁への審査手続きも進めていて、審査が通り次第サービスの提供を開始すると語っています。

LINEアプリ内で、仮想通貨取引ができたら面白そう

現状でLINEは仮想通貨取引のための新しいアプリを開発しているのか、それとも既存のLINEアプリ内で仮想通貨取引を行うのかを明確にしていません。

しかし、もしLINEアプリ内で仮想通貨の取引ができるとしたら、他の取引所などに比べて新規参入者のハードルが非常に低く、利用者も爆発的に増える気がします。
その理由として、LINEはAppStoreやGoogle Playなどと連携されているため、クレジットカード情報などを新たに登録する必要が無く、利用者は手軽に始めることができるからです。既存のLINEアプリ内でサービスを提供してくれたりしたら、凄く面白いなと思います。

しかしLINEのこれまでのサービス提供の流れを見ると、新サービス提供の際には別のアプリを開発するケースが多かった様子。また金融庁審査を踏まえて考えてみると、既存のLINEアプリ内で行うのは少し難しい気がします。

おそらく仮想通貨取引所を立ち上げ、そのサイトの専用アプリを作る形になるのではないでしょうか。

注目すべきはやはりセキュリティ対策

やはりLINEの仮想通貨取引所に期待されるのは、セキュリティ面でしょう。
CoincheckのXEM大量流出問題を受けて、LINEの出澤剛社長は記者会見でこう答えています。

セキュリティー対策を第一に考えている。会社として、長い間、知見を蓄積し人材も増やしてきたので、これからもしっかりと対応していきたい
出典:NHK NEWS WEB「LINE 仮想通貨事業に参入へ」

多くの利用者に愛され、実績のあるLINE。
セキュリティ面での評価は昔から高く、今回の報道には多大な期待が集まるでしょう。