公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「eosDAC」Dappの提供および、新規事業の発足を手助けする分散型プラットフォーム!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「eosDAC」は分散型アプリケーション提供するためのブロックチェーンソリューションプロジェクトです。
トークンの所有権を持っている利用者が投票を行うことでコミュニティーを運営し、プラットホーム全体の健全化を図ります。

「eosDAC」の概要

通貨名/通貨単位eosDAC/EOSDAC
公開日2018年2月
最大発行数1,200,000,000
ホワイトペーパー
公式サイトhttps://eosdac.io/
公式ツイッターhttps://twitter.com/eosdac
公式テレグラム
購入可能取引所BITBOX,Crypto.com,ZB,Newdex,Hotbit,Gate.io,Bibox,6x

「eosDAC」はブロックチェーンを用いた分散型アプリケーションを提供するプロジェクトです。

分散型自立コミュニティーを形成し、ブロックチェーンを使用して従来の組織では実現できなかった組織体系をと、分散型アプリケーションにを利用した様々な収益構造を構築します。

プラットフォームの特徴としてトークンを利用した投票システムがあります。
トークン所有者はプラットフォームが提供するメンバークライアントにアクセスするとトークンに付随する投票権か付与され、プラットフォームの方向性を決定するイベント参加することができます

「eosDAC」の特徴

ビジネス利用を目的としたブロックチェーンエコシステムの形成

「eosDAC」はは主に小規模なビジネスで利用されることを目的にした分散コミュニティー形成プラットフォームです。
公式サイトによると「eosDAC」が提供する分散コミュニティーは、一元化された従来の官僚組織よりも有効なビジネス体系を構築できるとしています。
主に分散型アプリケーション、チェーンセキュリティ、関連する教育コンテンツの提供などをサポートし、資産増大に貢献します。

分散型コミュニティーの役割

「eosDAC」が提供する分散型コミュニティーの形成は既存の中央集権的なサービスに対するソリューションとなることを目標としています。
従来の中央集権サービスは、運営側に権力が集中しているため、利用者との立場に差異があります。
セキュリティー能力や情報管理等も運営側の能力に依存するため、悪質な第三者から高度なハッキング等を仕掛けられた場合、プラットフォームを利用している全ての利用者が被害者になる危険性もあります。

「eosDAC」では、ブロックチェーン技術を用いてビジネスやプロジェクトごとに利用者が独自にコミュニティー形成を行うことができ、誰かに権力が集まることなく新たな経済圏を生み出すことができます。
作られたコミュニティーは、地方自治コミュニティーと呼ばれ、設定された目標達成するために利用者同士が努力します。
地方自治コミュニティー内ではブロックチェーン技術を用いて投票、仕事、メンバーシップ管理、およびガバナンス等を半自動的に処理することが可能です。

誰でもプロジェクトプランを提案できる

「eosDAC」プラットフォームでは、誰もが簡単にプロジェクトプランを提案し共同制作者を募ることができます。プロジェクトの健全化を図る投票システム等の基本的な仕組みはプラットフォームに依存するものの、その具体的な事業内容やプランの方向性は利用者が自由に設定することができます

プランが認証されると、関連する事業や共同制作者によって構成される分散型コミュニティーが形成され、プランリーダーは事業に適した人材、技術者は自分のスキルに応じた事業への参加が容易になります。

「eosDAC」まとめ

今回は誰でも簡単にプロジェクトプランや分散型コミュニティーの形成を行うことができる「eosDAC」を紹介しました。

ブロックチェーン技術が登場したことによって、これまで複雑な手順を踏まなければいけなかった事業の提案を最適化するようなサービスがたくさん登場してきましたね。

プロジェクト自体のロードマップは2019年までしか公開されておらず、「eosDAC」が今後どのような展開を行っていくのか更新が非常に楽しみです。