公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「HalalChain(ハラルチェーン)」イスラム圏内で使われることを目的にした仮想通貨プロジェクト!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「HalalChain(ハラルチェーン)」はイスラム教徒の国で利用されることを目的にした仮想通貨プロジェクトです。
「実体経済にブロックチェーン」を合言葉に、既存の事業にブロックチェーンソリューションを提供することを目的にしています。

「HalalChain(ハラルチェーン)」の概要

通貨名/通貨単位HalalChain (HLC
公開日2017年11月
最大発行数1,000,000,000HLC
ホワイトペーパーhttps://hlc.com/whitepaper.pdf
公式サイトhttps://hlc.com/
公式ツイッターhttps://twitter.com/halalchain
公式テレグラム
購入可能取引所BITBOX,Crypto.com,CoinEgg,ZB,Allcoin

「HalalChain(ハラルチェーン)」は、主にイスラム教徒が暮らす国や地域で用いられることを目的に立ち上げられたブロックチェーンソリューションプロジェクトです。
実際の経済にブロックチェーン技術を持ち込むこみ、従来の経済体系を維持したままより効率的で柔軟なエコシステムの構築を目的としています

ターゲットとなる業界は、主にイスラム圏内の金融関係業です。

銀行や金融商品を取り扱う市場、またイスラムでは関心が高く市場の大きい健康商品などを中心に、決済機能やトレーサビリティ(追跡能力)の向上を提供します。

今回はそんな「HalalChain(ハラルチェーン)」について詳しくご紹介していきたいと思います。

「HalalChain(ハラルチェーン)」の特徴

イスラム圏内で利用される仮想通貨プロジェクト

「HalalChain」はイスラム教徒の国や地域をターゲットにしたブロックチェーンプロジェクトです。
公式によると、イスラム圏に焦点をあてた最初のブロックチェーンプロジェクトであり、高い優位性があるとしています。

主にブロックチェーン技術を用いて、イスラム圏の金融サービスで課題とされている不透明性の問題や、注目度の高い健康商品のトレーサビリティを高めるためのソリューションになることを目的としています。

これまで中央集権型が主体だった銀行などの金融機関へブロックチェーン技術の提供し、お金の流れをオープンに、かつ高スピードで取引を行える環境を整えます。
金融機関側だけではなく、利用者側にも決済スピードを速くするというメリットがあります。

分散元帳有向非巡回グラフ(DAG)

「HalalChain」では、分散元帳有向非巡回グラフ(DAG)という仕組みを用いてトランザクションデータの処理を行っています。

DAGは従来のブロックチェーンとは違い単一のブロックが連結しているのではなく、ブロック一つ一つが複数のブロックへアクセスすることが出来る仕組みです。
これにより従来のブロックチェーンでは行えなかった素早く効率的なトランザクション処理を行うことが可能で、ビットコインなどで問題視されているスケーラビリティ問題への対策にもなります。

多くの人が利用しても安定したトランザクション処理を行うことが出来るため、国の金融の中枢である銀行などで利用されても遅延などが発生するリスクがありません。

EthereumのGHOSTプロトコルなど、DAGによく似た仕組みはすでに数多く存在し、その有用性は多くの人や会社が実証済みです。

具体的なユースケース

「HalalChain」では下記のようなユースケースを想定しています。

・スマートイスラム銀行

ブロックチェーンを用いたオンラインバンキングシステムの提供。
従来の銀行システムのソリューションとなる24時間年中無休の金融データベース。

・スマートスクーク

債券に関するデータベースを作成し、債券発行に関する研究が進行中。
分散化された貸借対照表の比率を測定し、コングロマリットと呼ばれる問題の解決。

・スマートタカフル

見積もりから契約の履行までブロックチェーンに記録する仕組み。
保険や寄付などのお金が動くサービスで利用される。

こう言った独自の仕組みを金融業界に持ち込むことで、イスラムの経済圏を安定させようとしています。
イスラム教徒が住む国の金融の仕組みの差異を埋め、誰でも手軽に銀行システムや保険などに入れる仕組み作りを行っていきます

「HalalChain(ハラルチェーン)」まとめ

今回はイスラム教徒に向けたブロックチェーンソリューションを提供する「HalalChain」をご紹介してきました。
現状ではほぼ独占的な市場であり、投資先としても非常に魅力的なプロジェクトですよね。

今後どのような展開をしていくのか、非常に楽しみですね。