公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「LBRY Credits(ライブラリークレジット)」様々なデジタルコンテンツを売買できるプラットフォーム!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。
「LBRY Credits(ライブラリークレジット)」は様々なデジタルコンテンツの売買を行う取引プラットフォーム「LBRY(ライブラリー)」で使われる仮想通貨です。 
ライブラリーはブロックチェーンによって分散化されたプラットフォームであり、中央管理者が存在せず手数料やコンテンツのアップロード費用が非常に安いです。

「LBRY Credits(ライブラリークレジット)」の概要

通貨名/通貨単位LBRY Credits/LBC
公開日2014年11月
最大発行数1,083,202,000LBC
ホワイトペーパー
公式サイトhttps://lbry.io/
公式ツイッターhttps://twitter.com/lbryio?_ga=2.121325068.564912641.1559519103-1513042838.1559519103
公式テレグラムhttps://t.me/lbryofficial?_ga=2.121325068.564912641.1559519103-1513042838.1559519103
購入可能取引所BITBOX,Crypto.com,Upbit,Bittrex,Poloniex
「LBRY Credits(ライブラリークレジット)」はデジタルコンテンツ売買プラットフォーム「LBRY(ライブラリー)」で利用される仮想通貨です。

主にプラットフォーム内の支払い方法として使われるほか、他社が作ったコンテンツの配信に対する対価として受け取る時などに使われます。

ライブラリーは音楽、画像、動画、デジタル書籍、ゲームなどあらゆる種類のデジタルコンテンツを売買することができる総合プラットフォームであり、ブロックチェーンによって分散化されて管理されているため、従来のeコマースなどに比べて利用者が支払う手数料やコンテンツアップロード費用などが安く設定されています。

専用のアプリを介してだれでもプラットフォームに参加することができ、その際に複雑な手順や手続きを取る必要もありません。

今回はそんな「LBRY Credits」とライブラリープラットフォームについてご紹介していきたいと思います。

「LBRY Credits(ライブラリークレジット)」の特徴

デジタルコンテンツ売買プラットフォーム

「LBRY(ライブラリー)」は独自トークンLBCを使ってデジタルコンテンツの売買を行うことができるプラットフォームです。

ライブラリーはブロックチェーンを利用して運営者がいなくても自律的に稼働するので、従来の売買プラットフォームに比べて余計な手数料等がかからず、ヒューマンエラーによる事故が発生しにくいという特徴があります。

ライブラリーでは購入者としてコンテンツを購入するだけではなく、今まで販売する手段がなかったデジタルコンテンツクリエーターにその手段を与え、実際に利益をもたらします。

 

・仮想通貨による安全対策

販売、購入する際に使われるLBCは、従来の売買プラットフォームよりも決済が速く安全性が高いことが最も大きな特徴です。

ライブラリーではどのような種類のデジタルコンテンツでも販売することができ、それに必要な特別な資格なども必要ありません。

一方で違法なデジタルコンテンツに対する対応もしており、もし仮に違法コンテンツが発見されると即座に削除され、そのアカウントではアプリからコンテンツにアクセスすることができなくなります。

これらのデータはすべてブロックチェーンに書き込まれているため改ざんすることができず、すべての利用者に公平です。

・他社コンテンツの配信

ライブラリーは、ブロックチェーン技術を使った自律的に稼働する分散型プラットフォームです。

そのため販売を行うための特別なサーバーなどはなく、いちど購入したコンテンツは購入者に所有権が与えられます。

所有権を持った利用者は、そのコンテンツを配信するホストになることができます。

これを他者に送信することで、クリエイターだけではなくホストとなった購入者にも報酬が入ります。

「LBRY Credits(ライブラリークレジット)」まとめ

今回はデジタルコンテンツを売買することができるプラットフォームライブラリーと、そこで使われる仮想通貨LBRY Creditsをご紹介してきました。

アマゾンを始めとする様々なデジタルコンテンツ売買プラットフォームが存在しますが、いまだにブロックチェーンを使った分散型プラットフォームで世界的に一般化したものはありません。

分散型プラットフォームは利用者に大きなメリットがある構造を持っているので、ぜひ今後の展開に期待したいと思います。