公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

「Origin Trail(オリジントレイル)」サプライチェーンの情報をブロックチェーン上で管理!透明性が担保された安全な取引!

この記事は、湯本さんから寄稿頂きました。

「Origin Trail(オリジントレイル)」はサプライチェーンの情報をブロックチェーン上で管理するプロジェクトです。
データの改ざんに耐性があり、取引の透明性を担保したオープンソースなプラットフォームの構築を行なっています。

「Origin Trail(オリジントレイル)」の概要

通貨名/通貨単位Origin Trail/TRAC
公開日2014年5月
最大発行数500,000,000 TRAC
ホワイトペーパー
公式サイトhttps://origintrail.io/
公式ツイッターhttps://twitter.com/origin_trail
公式テレグラムhttps://t.me/origintrail
購入可能取引所Bittrex,HitBTC,IDEX,KuCoin

「Origin Trail(オリジントレイル)」は商品などの生産から商品に至るまでのプロセスおよびデータ処理を、ブロックチェーン上で安全に管理することができるプラットフォームです。

従来のサプライチェーンの管理方法には様々な問題があり、「Origin Trail」はそういった問題のソリューションとなることを目指しています。

ブロックチェーンを用いた安全性の高い取引情報の管理は多くの関係者が待ち望んだサービスであり、投資家からも今後に期待されています。

今回はそんな「Origin Trail」がどんなプロジェクトなのかを詳しくご紹介していきたいと思います。

「Origin Trail(オリジントレイル)」の特徴

 

オリジントレイル分散ネットワーク(ODN)

「Origin Trail(オリジントレイル)」が提供するのは、ブロックチェーン技術を用いた信頼できるデータ管理プラットフォームです。

世界的に標準化された規格で、グラフデータ構造に基づいた組織間のデータトランザクションをより安全にやりとりできる環境を整え、実際にそれらを検証して正当性があるのかを保障することができます

異なるビジネス業種の企業同士が、様々なユースケースでスマートかつシンプルなデータ交換を行うことが可能で、分散型アプリケーションを用いた安全性の高い取引環境を整えています。

ソリューションスタック

「Origin Trail」は複数の層からなる構造を持っており、それぞれが違う役割を分担することでプラットフォーム全体の効率化を図っています

・アプリケーション層

アプリケーション層は、サプライチェーン管理ツールを実行するエコシステムで機能する分散型アプリケーション管理を担当する層です。

分散型アプリケーションによってやりとりされる保険や銀行等のデータをシームレスに統合し、取引をより効率的に高い安全性を維持することができます。

・ODNデータ層

「Origin Trail」ではブロックチェーン技術を用いて分散型のグラフデータベースを構築しています。

これはサプライチェーン間でデータセットを接続し、機密性の高いデータを0知識プライバシーサブライヤを用いて保護しています。

世界標準に定められているデータ交換の相互運用性に基づいて取引処理が行われることが保証されており、技術に関する知識がなくても安全に利用することができます

・ODNネットワーク層

「Origin Trail」は独自にブロックチェーン外にネットワークを構築し、スケーラビリティ性を向上させています。

ノートの分散ネットワークによってデータのガバナンスとアクセシビリティーに重点を置いたサプライチェーンの構築、および関連する使用機能を利用することができます。

・ブロックチェーン層

ブロックチェーン層によって管理されているデータは、特定のデータセットにまとめられ暗号化された上で運用されます

プラットフォームの成長に合わせてプロトコルは柔軟に対応出来るようになっており、従来のものに比べて長い寿命が保証されています

具体的なユースケース

「Origin Trail」が想定しているユースケースは様々な事業におけるデータ管理市場です。

今回は公式サイトが紹介しているユースケースの中の代表的な4つを紹介したいと思います。

・食品データ

「Origin Trail」を利用すれば、消費者が簡単に食材のデータを追跡することができ、生産者がどのようにその食品を生産しているのかを簡単に知ることが可です。

実際に実績が出ている農家を選ぶようなことも簡単にでき、生産者、消費者どちらにもメリットがある仕組みになっています。

・消費財産

ブロックチェーンによって管理されるデータは非常に安全な状態で保護されています。

これによって消費される様々な資産も過去にさかのぼって参照したり、必要な時に追跡することもできます。

・研究、実験室のデータ管理

機密性の高いデータを扱う研究所や実験室のデータ管理も「Origin Trail」を使うことでより安全かつ効率的に行うことができます。

実際の研究機関フォレンジックラボなどで利用されており、独自のブロックチェーンレイヤーを用いてデータ運用が行われています。

・ロジスティクス

BTロジスティックセンターと、パートナーシップを結んでおり、ブロックチェーン技術を利用したサプライチェーン管理に関する様々な実験などを現在も行っています。

「Origin Trail(オリジントレイル)」まとめ

今回はブロック遅延技術を用いてサプライチェーンの構築を行う「Origin Trail」をご紹介してきました。安全なデータ管理プラットフォームは様々な事業が必要としているサービスです。

ブロックチェーン技術の登場によって、これまででは考えられなかったような新しいデータ管理の仕方が徐々に広まりつつあります。

「Origin Trail」プロジェクトが今後どのように発展していくのか非常に楽しみですね。