公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

Facebook公式発表、仮想通貨リブラ2020年サービス開始へ

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. Facebookが独自に発行する仮想通貨「Libra」が2020年にサービスを開始する。
  2. 同仮想通貨はLibra協会によって運営が行われ、安定した通貨としての確立を目指す。
  3. Libra協会にはVisaやMastercardなどの決済にかかわる企業のほか、NPO団体も参加する。

Facebookの仮想通貨リブラ、リブラ協会が運営行う

Facebookは6月18日、暗号通貨「Libra」を発表した。

噂され続けていたFacebookの仮想通貨プロジェクト。遂に公式発表がなされた。

dai06

Libraとは古代ローマの通貨の単位で、ラテン語で天秤を意味する。実在する資産によって価値を裏付けることで、従来の仮想通貨(暗号通貨)のような激しい価格変動を抑え、安定した通貨を目指す。

安定した決済・送金を可能にすることが期待されるLibra。Facebookそのものの知名度が高く、多くのユーザーを集めそうだ。

世界中のビットコインの口座数は4000万近いとされているが、Facebookへアクセスしている人数は23億人。ビットコインの対抗馬になる可能性もある。

dai06

Libra協会のメンバーは100団体に増える見込みだ。当初、ブロックチェーンは協会に参加する団体だけで運営するが、将来は誰でも運営に参加できることを目指すとしている。

支援を続けていたとされるVisaやMastercardも参加済み。これからどういった企業が仲間入りするのか。どういった規約で参加できるのかが気になるところ。

世界最大のSNSであるFacebook。2020年は仮想通貨業界を賑わせる存在となるだろう。

dai06


ソース元https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1906/18/news123.html