公式Twitterあるよ♪フォローしてね!

Facebookの仮想通貨ウォレットCalibra、簡単操作と安全性強調

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. Facebookは独自の仮想通貨Libraの発行に際し、「Calibra(カリブラ)」というウォレットの計画を発表。
  2. Calibraではボタンひとつで支払いを行ったり、Libraやアカウント情報の保護に徹底するとのこと。
  3. デジタルウォレットはMessenger、WhatApp、専用アプリ内で使用可能。Libra同様2020年のリリースを目指す。

Facebookの仮想通貨ウォレット、「Calibra」プロジェクト発表

Facebookは6月18日(米国時間)、暗号通貨「Libra」に関する金融サービスの提供を目的として設立した新会社「Calibra(カリブラ)」の計画について発表した。

Facebookは独自の仮想通貨リブラの発表に続き、ウォレットであるCalibraのプロジェクトも発表。

仮想通貨の安定性と利便性を確立すべく、着実に準備を進めていることがわかった。

dai06

Calibraのサービスを利用すれば、スマートフォンからテキストメッセージを送るのと同じくらい簡単・気軽に、Libraを送ることができるようになるとのこと。

国際送金はこれまでよりも早く、そして安定した価格で行えるようになる可能性がある。Facebookの仮想通貨リブラの名前”天秤”の名は伊達ではない。

将来的にはボタンひとつで代金の支払いを行えるようにすることも目指しており、コードのスキャンで商品の購入や公共交通機関を利用できるようにしたいとのこと。

dai06

また、万が一ユーザーが携帯電話をなくしたり、パスワードを忘れたりした場合に備えて、専任のライブ・サポート体制を用意。仮に誰かがアカウント情報を悪用して利用者のLibraが使用された場合、元の利用者にLibraを返却するという。

ユーザーのプライバシー保護に関しては、特定の場合を除き、事前の同意なしにアカウント情報や金融情報をFacebookや他の第三者と共有しないとのこと。

仮想通貨がある種のインフラとして機能するためには、価格の安定だけでなく使用や保有においても安全である必要がある。

2020年は多くの人々にとって、仮想通貨とはなんたるかを考えさせられる年になりそうだ。

dai06


ソース元https://ascii.jp/elem/000/001/879/1879615/